2007年11月29日

国防と夫婦関係

とうとう、防衛省事務次官の守屋氏が妻とともに逮捕されてしまった。 

連日の報道で感じたことは、やっぱり男性は「女性」に弱いということ。
 

山田洋行の宮崎元専務が一緒だったとしても、
夫婦同伴で月23回のゴルフ、年に23回のゴルフ旅行、
「買い物袋を下げる夫の姿を良く見掛けた」などとご近所のお話、 

非常に奥様孝行で、傍目には
「けっこういい旦那様」または「妻に尻にしかれる旦那」と映ったことだろう。

 
一方の贈賄側の宮崎元専務は、
「将を射んとすればまず馬を射よ」の兵法どおり、
妻に狙いを定め、接待漬けにして便宜供与を期待した。 

25
万人の自衛隊を指揮し、日本国民の生命と財産を守る
国防の頂点に立つ人物でさえ、嫁には弱かった。 


それ以前に、小池元防衛大臣にも守屋事務次官自身の更迭問題で
http://boostasset.seesaa.net/archives/20070829-1.html
勝ったかに思えたが、どうもそれが発端だったとすると、
結局、初めての女性の上司に負けたことなってしまう。 


変人だった小泉首相も独身だし、
最近来日したモード界の重鎮、ジョルジョ・アルマーニも
「守るものが無いほうが、ビジネスにチャレンジできる。」
と独身でいることの訳を語っていた。

守るというより、好き勝手やりたい、
(妻がいたら)やらせてもらえないというところか。 


私にも気がかりのことがある。
守屋元事務次官と妻は防衛省の先輩後輩で、
先輩だった妻に頭が上がらないままだったそうだ。 

私も妻とサラリーマン時代の先輩後輩にあたり
確かにそんな………
posted by Terry at 10:42| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

ひたちなかエンデューロ

先週末、「ひたちなかエンデューロ」という耐久レースに参加してきました。 

簡単にいうと、決められた時間でコースを何周出来るかというレースで、
私たちは、TEAM Maruzenとして3名×3チームで
3時間のレースにエントリーしました。 


ひたちなかエンデューロ07 009.jpg


ソロ(一人で走りきる猛者)も可能で、参加者の中にはトライアスリートや
「○○選手みたいのが、こんなアマレースに出んのかよ〜。」と嘆いた人がいたので、
そんなかっとびレーサーも参加しているらしい。


我々は、ホビーサイクリストの集まりなのでヘルメットに動物のキャラを取り付け、
仲間のチームが分かるようにしました。(私が100円ショップで購入。)
ちなみに、「タコ」「アヒル」「キリン」チームです。 


ひたちなかエンデューロ07 010.jpg


最初は、恥ずかしいとか空気抵抗があるとか、了見の狭いことをぬかす者もおりましが、
ギャラリーに「あっ!タコさんが来た!」「キリンさんかわいぃ。」などと言われると、
まんざらでもない様子です。 


私のチームは、自転車暦1ヶ月、当然レースなんかはじめて、私と同じ体重85kgの「ムッちゃん」、
それと高校自転車部1年生の通称「J.(ジュニア)」です。 


ひたちなかエンデューロ07 014.jpg


スタートは「J.」で、とりあえず2周交代に決めましたが、
J.」はトップ集団の最後尾について、ピットに帰ってくるではありませんか。


 
2番手の私もすっかり「その気」にさせられ頑張ってみるものの、
所詮、気持ちとペダルの動きは連動しません。 

走行中に思わず心臓が飛び出しそうになるのを押し殺し、次の走者「ムッちゃん」へ。

ピットにかえると、酸素ボンベに噛付く。

 ひたちなかエンデューロ07 023.jpgひたちなかエンデューロ07 025.jpg
 



自分を信じて疑わない友人の命を救うために、そして自分の命を捧げるために。

タツオは走った。     〜「走れメロス」調〜
 

ひたちなかエンデューロ07 018.jpg

それにしても、中島みゆきの「地上の星」のメロディーが頭の中で流れ、

「君は何を求めて走るのか?」という太宰治の台詞が蘇るのは不思議だ。
  




結果は我ら「アヒルさんチーム」50チーム中30位。
仲間の「タコ」が22位。「キリン」が34位でした。

 
ひたちなかエンデューロ07 037.jpg
 


参加を呼びかけといて、自分で「俺は監督!」といって走らなかった熊ちゃんは、
「走れメロス」調でいうと、邪知暴虐の王なのか? 


やっぱり、走りたかったのに裏方一切を取り仕切ってサポートしてくれたのだから、
メロスの身代わりなった「セリヌンティス」にしてあげます。 


みなさん、お疲れ様でした。
posted by Terry at 14:27| 埼玉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

改正都市計画法

今月30日から、改正都市計画法が施行される。

これは、延べ床面積1万uを超える大規模集客施設の郊外出店を規制するものです。
 

この大店法は、一度出店すれば競合店が出店できない仕組みになっており、
確かに流通小売業の競争力を低下させたかもしれない。 

1973
年の大店法施行下では、規制対象外の500uのロードサイドショップが乱立したが、
94年の大店法の運用緩和で、大型専門店やショッピングセンターに売上を奪われる結果となってしまった。 

今回の改正も、分割した商業施設の出店申請などで抜け道を探すところも既にみうけられるようだが、
高齢化による中心市街地の活性化と、郊外出店の規制は、時代の移り代わりを感じさせる。
 

土地所有者にとって法改正は、土地活用の長期収支計画に大きな影響を及ぼすことになり、
そこまで見通して施設を建設できたらいいけれど、結局どうにもならないことだろう。
(昔から、お上には逆らえないと決まっているのね。)  

いずれにしても、今回の改正で大型SCの新規開業が減り、既存のSCはテナントに賃料交渉で強い立場となり、不振テナントに退店を迫り、人気店を誘致してくる。
 


そんなことを、先日のクリスピークリームドーナッツを食べて考えてました。
http://boostasset.seesaa.net/archives/20071121-1.html 


 
PS.(株)テラヤマでもこれから、新設の大型ショッピングセンターの工事受注に影響がでそうです。
posted by Terry at 16:55| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

ミシュラン東京2008発売

ミシュラン東京.jpg

本日、レストランガイドブックの「ミシュラン東京」が発売になった。

早速、大型書店に行くと既に売り切れ。
2店目大型書店で、ワゴンに数冊残るのみであったが、
とりあえずゲット。

数日前に、友人達との忘年会に夫婦同伴で食事に行くとなり、
私がお気に入りの麻布十番にあるイタリアンレストラン「クチーナ・ヒラタ」を予約していた。

最近、アルコールやカロリーの高い食事を控えていたところだったが、
当日は目一杯食事とワインを楽しみたい。

12月の週末で4組8人の予約は無理かと思ったが、
なんと偶然、2席キャンセルがでたばかりとのこと。

その「クチーナ・ヒラタ」も見事「一つ星」をゲットしていたので、
発売前に予約が取れてラッキーでした。

グルメ評論家は「三ツ星」なら、半年先の予約が埋まり、
そのレストランを目的に訪れる外国人が増え、
銀行の融資が得られやすくなると、その価値を説明していた。

知人の海苔店社長が海苔を卸している、
銀座の寿司屋「すきやばし次郎」に連れて行ってくれると約束して、はや3年。
ここは栄えある「三ツ星」をゲットしたけど、
これでは、予約が取れなくなってしまうのではないか。

そうなると、常連客はおもしろくないですよねぇ。

ミシュラン.jpg

ミシュランの責任者は、
「星を取ることよりも、維持することがもっと難しい。」
とコメントしていましたが、確かにごもっとものようですね。
posted by Terry at 20:27| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

クリスピー・クリーム・ドーナツ

DSC02095.jpg


新宿南口に昨年6月にオープンしたドーナツチェーン店の
クリスピークリームドーナッツがある。 

国内1号店であるが、オープンよりまだ1時間待ちの長蛇の列が続いている。
 

私は新宿駅の南口に取引先があるので、
その度に、
ようやく買えたこの店の袋を
抱えるうれしそうな顔の人を見ていた。
 


ドーナツを好んで食べる方では無いが、
そんなに評判なら一度ぐらい食べてみたいと思っていると、
近所にその3号店がオープンすると言う。
 


グランドオープンは明後日であったが、
今日から近隣に向けてプレオープンだったらしく、
妻がその長蛇の列に並んで買ってきました。


DSC02097.jpg 


妻の誇らしげな顔とその貪欲な行動に、
ドーナツの味より感心させられるが、
とりあえず、「おいしいね。」と答えた。


DSC02098.jpg


「でも、2度はいいね。」というと、「私もそう思った。」と言う妻の返事。
 


DSC02099.jpg


結局、ユニクロをクビになった玉塚社長の営業戦略に、
消費者がはまっているということなのだろう。(彼の会社が、出資している。)  




話は変わりますけど、3日前より我が家は
クリスマスモードのインテリアに変わっていました。


 DSC02091.jpg


DSC02092.jpg


DSC02093.jpg


妻にはいつも感謝していますが、季節を先取りされると気が急くだよなぁ。

posted by Terry at 18:28| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

止め時、引き時、潮時。

今月の日経新聞の「私の履歴書」は、野村證券元会長の田淵節也氏です。 

今日の記事で、彼は株の売買について、
儲けているうちに、もう「やめた」という人はまずいない。
死ぬか、損するまで出て行かない。(売買を止めない)
といって、短期売買を戒め、長期投資を推奨していた。 

この記事を読んで、
確かに気分や行動することが「ノッテいる」ときに、
どうすれば、「やめる」判断が出来るのだろうと思う。 

いきり立って
いるときに、水をかけるわけにも行かないし。 

逆に仕事やプロスポーツにおいて、成績や結果が悪くないときに、
引退の判断を下せるのは、どういう心境なのだろうと想像してみた。 


人は絶頂のときに失望がはじまっていると聞く。
 


株式投資をギャンブルだという人がいるが、
私はリスクを取れる資本主義の本質だと思っている。
確かに短期売買は、そう評価されてしまっても致し方ない。 


しかし、ギャンブルも株式相場も、人生観も、
結局、自分を見つめて正しく評価し、律する精神力が必要なのだろう。 

友人のサラブレッドの牧場主は、カジノで勝つ秘訣を、
「冷静にいつやめるかを判断する力だ。」
といっていました。
posted by Terry at 16:29| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

秩父サイクルトレイン

DSC_0260.jpg


日曜日は、秩父サイクルトレインという企画に参加しました。
本日のブログは、わざわざ一眼レフカメラを首から下げて走行しましたので、
紙芝居風にアップいたします。 

サイクルトレインとは、自転車をそのまま電車内に持ち込んで
目的地でサイクリングを楽しむというもの。
(電車社内の様子。サイクリストは自分の愛車を見ながらの移動で安心、
隣の人とも早速愛車自慢が始まっていました。)


DSC_0271.jpg


 
今回は西武鉄道と秩父市が企画し、臨時列車で池袋〜秩父に向かうもの。当然貸切。 


DSC_0277.jpg


賑々しくテープカットなぞやって、出発!
 


DSC_0276.jpg 



秩父駅で開会式。
秩父市長の挨拶では今日の参加者は250名。
しかし申込者は1000名だったので、抽選倍率は4倍の人気企画だったらしい。

 
DSC_0289.jpg


まだ、スタート前なので皆さん元気一杯。

「おどけるオヤジ」
  (注:頭を倒してご覧下さい。)
DSC_0287.jpg



天気も最高!絶好のサイクリング日和でさぁスタート!


DSC_0291.jpg


 
途中、パンクなどのトラブルもあったり、

 
DSC_0295.jpg


造り酒屋の和久井酒造を見学したり、
(たくさん試飲していた人もいたけど、飲酒運転じゃないの?)
 


DSC_0299.jpg



やっと昼食。このお汁がおいしかった、私はおかわりを頂く。
 


DSC_0302.jpg



合角ダムの景色は最高だけど、そろそろ疲れもみえてきた。
 


DSC_0307.jpg

後半戦最後の上り坂。
秩父ミューズパーク公園前までもう少し。
勾配10%を超えると、ホビーサイクリストにはキツイ。
落車して、自転車を押す人が続出。私も力尽きる………… 


DSC_0308.jpg


何とか参加者全員がゴール。
 
駅で主催者に見送られながら、
電車に乗って帰路となりました。
 


DSC_0323.jpg


DSC_0325.jpg



また今回も、私は一人、途中道に迷ってしまいましたが、
なんとか仲間に追いつきゴール。

秩父は山間部で坂がきつくて、スタート前までは「50kmは楽勝!」のはずでしたが、
結局、いっぱいいっぱいの一日でした。 

自宅から集合場所の池袋までの自走を含め、本日の走行距離95km。
実は、前日の土曜日にも160kmを走ったばかりでしたので、
いつもは痛くならない場所が痛くて、往生してます。 

来週は、ひたちなかエンデューロに丸善商会チームで3組出場します。
また、結果をご報告いたします。
posted by Terry at 11:05| 埼玉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

行政サービス

昨日は法務局に、対象物件の登記簿を取りに行く。

以前は、発行までにずいぶん待たされたが、5分足らず。

窓口横の収入印紙売り場の女性から印紙を購入したら、
「ありがとうございます。」

その後、市役所に固定資産税の評価証明を貰いに行ったら、
男性職員が「ご苦労様です。」
さらに、番地が間違っていないか地図を持ってきてくれて、
丁寧に対応してくれる。

1階で駐車場カードのスタンプを探していると、
男性が笑顔で寄ってきて「何かお探しですか?」と尋ねる。
すると直ぐに駐車券のスタンプを押して持ってきてくれる。

どこぞの高級ホテルのコンシェルジュとは言い過ぎでも、
かなり親切になってきているし、対応がいい。

最近、役所の不祥事が多くて風当たりが強いせいか、
まじめな方々は、がんばってるんだなぁ。

そう素直に感じてしまいました。
posted by Terry at 22:07| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

Beaujolais

昨日は11月第3木曜日で、毎年恒例のボージョレーヌーボーの解禁日。 

知人の酒屋さんでも、この日にイベントとして、
「ワインを楽しむ会」を開いておりました。 

もともと、フランス ブルゴーニュ地方のブドウ農家が
収穫を祝った「生産者の飲み会」だったのがはじまりで、
解禁日を設けたら、一般にもたくさん売れたので、
販促手段として輸出品までにも、これを普及させた。

おかげで、毎年の売り文句は、
「今年のボージョレーは例年以上の出来です。」
というのが、通り相場となっている。 

決して、
「不作で、口当たりも例年の軽さがありません。」
などという年はありません。 

    
しかし、20032005年は本当にいい出来の年でした。 



というような同じ話題を、私も毎年しながらボージョレーを飲んでいるのですが、
 

昨夜は浅草橋で公園工事の打ち合わせ、

その後、御徒町でS○社長に車盗難事件の慰めをしてもらって、
おいしいすき焼きと冷えた生ビール、クラブでウィスキーをご馳走になり、
その後、別の場所で不動産の物件の打ち合わせ。 

すると、知人の「ワインを楽しむ会」に出席したグループと合流。
 
今年のボージョレーの出来を聞かされ、
しかし、結局飲んでいるのは焼酎ということに。
 

ですから、私はボージョレーをまだ飲んでおらず。

今夜、家で飲ろうと思います。
 
posted by Terry at 19:06| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

関東社会人リーグ

去る、1110日(土曜日)に応援するサッカー倶楽部の
アヴェントゥーラ埼玉が関東社会人リーグ戦(試合会場:市原八幡球技場)に出場し、
残念ながら1回戦敗退しました。 

相手:日立ビルシステムビルケアサッカー部


2
合計 2
4 PK 5

PK
戦で惜敗です。 

創部1年目で埼玉社会人リーグ1位までは予定通りだったものの、
安々とは関東リーグ昇格を果たせませんでした。 


関係者が本当に関東リーグを目指すという
強い信念を共有しなければならないし、
結果的にはそれが選手に伝わらなかったという内容です。

選手がサッカーを楽しむレベルから、
より高い目標のため、関係する全てのステークホルダーの
夢や希望、利害、責任を満たすには
「勝つ」という結果を出さなければなりません。

その高みを掴むのは厳しいのですが、
それをストイックに楽しめなければ、
その他チームに競り勝つことは不可能です。


今一度、選手、スタッフにて、
来年に向け決意を新たにスタートとなりました。

また、熱い気持ちで応援させていただきます。
posted by Terry at 13:45| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

車が盗まれました!

朝、出勤してきた社員から、
「社長!車が盗まれました!」
と突然の報告。 


2ヶ月前に約300万円で購入したトラックです。
業務用で車両保険にも入っておらず、全額被害。 


45年前にも、購入半年のランドクルーザーが盗すまれ、
その際には車両保険でカバーできました。 


以前、私の車もホイールごと前輪のタイヤ2本を盗まれたことがありますが、  







頭痛ぁ〜い!!





凹む! 







今日は社内で対策会議を開きます。
 



その上、前期の決算申告の数字を確認する打合せを、
これから会計事務所の担当者としなければならず、
こちらも悩ましい状態。  




こういう時は、必死にペダルを踏みつけて、
ロード(自転車)でかっ飛ばしたい。

ガルルルル〜〜〜。
posted by Terry at 09:47| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

ダイレクトメール

DSC_0198.jpg



この写真は、あるリゾート専門の旅行会社のダイレクトメール。
 


タイ・ヤオノイに、シックスセンスという新しいリゾートがオープンしたので、

「プライベートリゾートの砂と供に、お届けします。」

ですって。
 


このダイレクトメールは参りました。
 



お金が貯まったら、「ざぶ〜ん。」の波の音、聞きに行かせて頂きます。

posted by Terry at 09:46| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

宮本亜門

昨夜は、商工会議所主催の講演会に行く。 

スピーカーは演出家の宮本亜門。
 

宮本亜門.bmp


彼は数年前、それまでの仕事に行き詰って
沖縄本島の南側にある玉城移住している。
(彼の実家は銀座・新橋演舞場の前の喫茶店) 


また、米国同時テロの際にNYに住んでいたことも知っていたので、
沖縄移住の話や、テロ後のNYの話などが聞けるのもと楽しみにしていた。 


会場は女性がほとんどで、そのうえ、おばちゃんばかり。
 

講演がはじまると、私の後ろに座っている「おばちゃん」が
宮本亜門の話の途中、途中で、 

「う〜ん。」 「うんうん。」 「う〜ん。」

 
と聞こえる声で、話にうなずく。 


私は、そのうなずく声が気になって気になってしょうがない。
 


振り向いてその「おばちゃん」の顔を見ると、
一生懸命真剣に、彼の話を聞いている様子。 


講演の内容も、以前TVのドキュメントで聞いた話と同じところが多かったが、
それより、「おばちゃん」のうなづきの方が記憶に残った講演会だった。


 
 「ウ〜ン。 ウンウン。 ウ〜ン。」 


まだ、耳についてる…………

恐るべし、「おばちゃん」。
posted by Terry at 08:49| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

星の王子さま

「本当に大切なものは、目に見えない。」         

         
サン=テグジュペリ 星の王子さま
 



昨夜、読んだ一冊。
 


目に見えなくても存在するものは必ずあり、
それを識別することが出来る大人でいたい。 


目に見えるものは、判断を誤らせる。
 


自分の本能的な感覚や
価値感を使わないと
それは判断できない。

 
posted by Terry at 16:58| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

紅葉レポートPART1


DSC_0152.jpg


栃木県の那須にて、打合せの用事があり、
クレジットカードのメンバーベネフィット(無料ということ)を利用して、
二期倶楽部に宿泊してきました。


DSC_0179.jpg


今年も、紅葉が10日ほど遅く、
ちょうど見ごろを迎えていましたが、色の深みはいまひとつでした。

紅葉の要素は、寒暖の差、夏の日照時間、さらに湿度が影響します。 


二期倶楽部は、20年前に6室ではじまったオーベルジュで、
隣接する自家農場でつくった野菜を使った料理が評判です。

 
DSC_0123.jpg


ただし、ワインリストはフランス産が中心でした。
その中でも、国産ワインのココファーム(栃木県)は、
品質と価格のバランスが取れていて、
取扱先を見つけて、これからも飲んでみようと思うワインでした。


03年にスパ施設とともに、施設や部屋数も増加し、
女性グループ向けのパックも人気になっているらしく、
そのような顧客が多いようでした。


DSC_0083.jpg
 

翌朝、6時から自転車をホテルから借りて、
食事前に1時間ほど那須を散策してきました。 


前夜に、「何時から自転車をお借りできますか?」と尋ねると、
「フロントにご連絡いただければ、何時でも結構です。」との返事。

5
30分にフロントに電話を入れると、すぐに用意してくれた。 

さすがに、このあたりの我がままを利いてくれるのは、
サービスを売り物にしているオーベルジュという印象。 


フランス料理の後の、夜食として届けられた「おいなりさん」も
口を付けなかったが、泣かせるサービスだった。


DSC_0120.jpg
posted by Terry at 14:36| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

辞意撤回

民主党の小沢さんが、
「恥をさらすようだが、もう一度頑張りたい。」
と辞意を撤回した。

騒動の政治的な顛末は別として、
だれでも一度は、「やってらんねぇ!止めてやる!!」
と思ったことがあるだろう。 

また、酔った勢いや酒の席で、
大げさな話をしてしまって、
翌朝、自分で思い出したり、同席者に前夜の醜態を聞いて、
赤面したことがあるだろう。 

私の経験は数しれず。(*_*)
特に妻から、酒の前夜の私の行動を聞くと、
我ながら耳を塞いでしまいたくなる。 

民主党の鳩山さんは、小沢さんの続投に
「何も条件はつけていない」そうだ。 


啖呵をきった本人が一番反省しているので、
どうか何事も無かったように、水に流してください。
私からのお願いです。  


PS.「大連立」「2大政党制」なんか面白くなってきましたね。
   
   私は、小沢さんの辞任会見のコメントが、
   今の国民の民主党への評価そのものだと思いましたね。

   風体は好みじゃないけど、小沢さんに一度首相をやらせてみたいと感じています

posted by Terry at 16:51| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

ピッツァ職人

大学のゴルフ同好会からの友人で、
横浜・関内で「sisiria」という薪窯焼きピッツァの店を経営する
小笠原敦がいる。


 DSC_0037.jpg


開店7年目を向かえるが、
連日オープンからラストオーダーまで、
予約客で満席が続く。


雑誌の取材も多く、紹介された記事によると、
「客を見回すでもなく、この男は黙々とピッツァの生地を伸ばし、焼く作業を繰り返す。」
完全に職人としての域に到達したようだ。


 DSC_0047.jpg



昔から、ストイックさを持ち合わせる男であったけれど、
営業マンとしてもトップの成績を残した手練手管の男だったことは、
既に知る人も少ないのだろう。 


確かに、黙々と同じ動作を繰り返し、
最もおいしいピッツァを焼き上げるという作業のなかで、
職人として観照して行ったように思えた。 


2
年ぶりに食べたピッツァは、生地も少し厚みを増していて、
時代の流れも取り入れながら、進化している。



 
 DSC_0063.jpg


PS.しっとりとした食感のマルゲリータは、飲み込むのが惜しい程の旨さです。
   
常に満席なので、ご予約の上行ってみてください。   
   ちなみに、以前私はピッツァにありつけずに、二度そのまま帰りました。
posted by Terry at 10:38| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

般若心境

般若心境.jpg

二日前から、写経を再開しました。(数ヶ月ぶり)

一昨日、いつもお説教をいただけるお坊さんのところに伺うと、

「最近、写経をしていなね。毎日、やってください。」

といわれ、またやり始めようと思った矢先なので、
”今から、やろうと思ったのになぁ〜”という気分でした。
(子供の宿題です。)


ノート一冊書き終わると、お坊さんのところにもって行き、
お祈りとともに、焼き清めてもらう。


念誦.jpg

これは、私が身につけている念誦(ねんじゅ)。

お経を唱えるときに数えのために使うものだが、
私が唱えられない代わりにお坊さんが、日に2度お祈りしてくれている。

身に着けてるだけで、徳がいただけるありがたいもの。

posted by Terry at 12:04| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

駅前留学NOVA

私は以前、今話題の英会話学校のNOVAに通っていたことがある。 

2年半通って、最終的には英語能力テストのTOEICで「696点」のスコアだった。
 

今はその実力は無いものの、NOVAに通っていた当時は、
バーで外人に声を掛けられても、問題は無なかった。

語彙や言い回しはすぐ忘れてしまう。


ところで、会社更生法適用申請中のNOVAの教師たちが、
生活に困っていると聞く。 

教師の多くは、オーストラリア人やニュージーランド人が多く、
まれに英国人がいた。 


教師として、十分教育を受けていない方が多く、
オージー訛りの「マンイ、チュースイ、ウェンズ。」と発音し、
ある意味フレンドリーでもあるが、
話題がプライベートなことに触れてくることが多かった。 


当時から、教育を受けた外国人教師は、
グレードの高い、ベルリッツや日米英会話学院で働いていたのだろう。 


そういえば、教師の中で一番気があって、
ビールを飲みに言った「ケビン」がいた。

そんな彼に2年前、中国のウルムチ空港で
カシュガル行きの便を待っているときに
偶然会い、私は一言目が出てこなかったのに、

彼は、「Hi ,Terry.  How do you do?」(教室で私はテリーと呼ばれていた。)
といってハグしてくれたっけ。 


もう彼はNOVAを辞めていたけどよかったね。
  


NOVAのもう一つの思い出は、

野村證券の大阪勤務当時、
最も仲のいい、同期のKがはじめてNOVAとの取引をはじめ、
NOVAの上場準備や豪華社長室を持っていた猿橋社長の運用をしていたことだ。 

独特のTVCMで急成長中だったが、
当時の猿橋社長の様子はどうだったんだろう?


また、酒の肴に聞いてみたい。



追伸 中国語を猛勉強中の山ちゃん、近いうちに実践講座を始めようね。
posted by Terry at 13:22| 埼玉 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

口論は気が滅入る

今日は朝から、電話で口論になってしまった。

相手は、物件を管理する不動産会社の担当者。
 


「言った」「言わない」の水掛け論もありましだが、

この方、確実な日程や内容をはっきり言わない。
 



「これが決まったら、数日後に…….。」

「こういう契約なのですが、こういうケースもあるので、分からない。」

「これは技術部の問題なので、答えられない。」
 



これでは、検討も出来ないし、お客さんに説明が出来ない。
 



このブログを見ていらっしゃるかもしれないが、

自分の仕事に、誇りと責任を持ってもらいたい。



電話口で、頭から湯気が出そうなくらい頭にきた。




しかし、気分が滅入る。




大きな声で話すと気が沈む。
  




昨夜、ベットで読んだ本、「求めない」著者
加島祥造の 


〜〜求めるのを止めた瞬間、人は幸福を感じられる。〜〜


 
というのを思い出した。 




「求めた」私が悪いのか………
posted by Terry at 11:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。