2007年12月31日

大晦日

昨日は、自転車の走り納めとして、
「川口〜葛西臨海公園〜関宿往復+α」で、210kmを目指しました。
210kmは、来年エントリー予定の「佐渡ロングライド」の距離です。

5時に起床して入念にマッサージを行ない、
ヘルメットに工事用のライトを取り付け、日の出前の6時出発。 

折り返しの関宿に1030分に到着し、程なく復路へ、
15時には帰宅できると思っていると、
急に突風が吹き、空は暗雲立ち込め、大粒の雨が降り出し、
続いてヘルメットに「カン、カン」という音。
 

霰(あられ)
です。

直ぐにサイクリングロードを離れ近くの蕎麦屋に非難。
 

また、年末の掃除に忙しい妻に迎えに来てもらい、
車に自転車を積み込み、自宅に向かう。

私:「今年は最後までうまく行かなかったなぁ〜。」
妻:「楽しみは来年に残しておけば。」 

楽しいことはたくさんあるので、来年まで持ち越すわけには行かないと、
雨の上がった、自宅周辺を再度走り、納得の200km走っときました。 
達成感でいっぱいです!!


↓こんなに意気込んで出発したのに………
  

自転車マスク.jpg
(注: 強盗でも○○レンジャーでもありません。防寒対策です。)


今日は大晦日、年越し蕎麦や予約していたおせち料理などを取りに行ったりで、
何かと忙しくなっています。

最後になりましたが、今年もいろいろな方にお世話になりました。<m(__)m>
ご迷惑もたくさんお掛けしました………
しかし、どうぞ来年もよろしくお願いいたします。 
posted by Terry at 17:19| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

身の回りのもの



今日は、会社及び自宅の机を整理しておりました。

片付けを始めると、後で読もうと思っていた資料や書類などが出てきますが、
その時に後回しにしたものは、結局余り重要度が低いものでした。

そんなことしてるから、机周りがいつも資料の山なのですが、
常に整理整頓できる人がうらやましい。

ただ、そんな中にも懐かしく感じるものもあり、
掃除も結局全て完了せづ終了してしまいました。

机の中から、ゴルフのオフィシャルハンデの通知を見つけました。
ちょっと自慢ですが、このハンディキャップ「2.4」が最高だったと思います。

それが今は、すっかり自転車にはまり、ゴルフクラブは部屋の片隅に........。
今日はクラブも磨いてあげました。

その後、近くの温浴施設で「垢(アカ)すり」をしてもらい、
私も今年の垢を落とし、身奇麗にしてきました。

posted by Terry at 22:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

走ってます!

ことばの通り、師走です。

ブログ更新もままならず、ご心配のメールなどいただきありがとうございます。

先週末から、昼は忙殺される業務に、夜は連夜のクリスマス会や忘年会をこなし、
食いしん坊ネタや仕事のネタなど、ご報告するネタもたくさんあるものの、
弊社、営業最終日を迎えてしまいました。



昨日は、3年前に開通したつくばエキスプレスの某新駅前で、
駅前広場および公園緑地整備工事の竣工検査の立会いをしました。

三郷工事 001.jpg三郷工事 009.jpg


発注元の某役所にて、午前中3時間書類検査、午後から現地にて3時間の検査。
かなり詳細かつ厳格な検査でありましたが、無事、検査合格。

本日より公園を開放しますが、工事期間6ヶ月の間、
地元の方々も完成を楽しみにしておられて、
子供達が駆け回る姿は、仕事に誇りを感じる瞬間です。


三郷工事 007.jpg

この新駅周辺は、路線価の上昇率が最高を記録し、
急速に宅地化が進んでおります。

しかし、駅前に立つ完成したばかりのマンションは、
完売していない様子で、来年の不動産市況を現すようでした。


年内にご挨拶できない方もたくさんいますが、どうかお許し下さい。m(__)m

posted by Terry at 14:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

ふれあい祭り

クチーナ・ふれあい祭り 039.jpg

さぁこれ↑は何でしょう?


クチーナ・ふれあい祭り 001.jpg


子供の真剣な姿はかわいらしい。

「あ〜い あい あ〜い あい おさ〜るさんだよ〜」

クチーナ・ふれあい祭り 038.jpg


近所のお祭りで、「スパーボールすくい」を出店しました。
posted by Terry at 17:08| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

友人のベスト

昨日は、二人の知人から保有する不動産についてご相談を受けました。

先祖代々受け継いだもの、
居住用として購入したもの、
事業用として購入したもの、
利殖の手段として購入したもの、 

それぞれ目的や思いがあるうえに、資産として大きなものです。
 

そのうえ、考え方や価値感、人生観があり、
人生設計、家族、将来ももちろんある。 

さらに、すべてを容易く、合理的判断で解決することが、
出来ない事情や感情が存在します。 

私のベストでなく、その友人のベストを
アドバイスできるよう努力したいと思っています。
posted by Terry at 09:40| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

てげてげ

以前から旅行や食事を共にする面々で、定期的に集まるために、
「てげてげの会」という名称の会を発足いたしました。 


「てげてげ」は(適当に、そこそこに)という宮崎弁です。


気兼ねなく、肩肘を張らずにお付合いしましょうという
主旨が込められています。
 


この「てげてげ」という方言には、
人へ優しさや寛容さ、物事への配慮を感じます。
 


「てげてげ」の反対の表現は、
徹底的に、根こそぎ、合理的に、効率的に、などでしょうか? 


いまの先進国の新自由主義は、
まさにこの言葉で表現される思考に基づいています。
 


化石燃料や食料などの資源は、近い日に枯渇することを危惧しています。
地球温暖化などの自然環境が、悪化していることも知っています。 


そんな世の中で、「てげてげ」の考え方は
Sustainable(持続可能な、循環する)なことにぴったりの言葉です。 


日常生活も適当に、そこそこ過したいものです。
 


宮崎弁を使ったのはこの会に、
宮崎県出身の税理士F重先生やS園社長がいるためですが、
どげんかせんとなりませんかねぇ。 


また「てげてげ」ネタでブログを書いとけと指示されたので、
ひんだれ〜(とっても疲れる)ました。
posted by Terry at 17:32| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

困った時の「Hero」

自転車のロードレースというタイプのタイヤは、
幅が20mmと細く、路面との摩擦を最小限に減らすことで、
高速での走行が可能になる。 


逆に言うと、繊細でちょっとした衝撃で「パンク」してしまう。
だから、サイクリストは車重の数グラムの軽量化を競う一方、
交換用チューブ、工具、携帯用ポンプなどを携行しなければならない。
 


自転車仲間である山ちゃんが、先日、単独走行中に「パンク」してしまったそうだ。
チューブを交換したものの、瞬く間に2度目のパンクをしてしまい、
予備の交換チューブも既に無く、そこは近くに自転車店も無いさびしい農道。

 
山ちゃん自転車.jpg


仕方なく、自転車販売店のkuma社長に電話をして、
現地まで迎えに来てもらい、チューブ交換をして、事なきを得て帰宅したが、
友達だからとkumaさんはチュ−ブ代しか受取らなかったそうだ。 


前置きが長くなったが、就職コンサルタントに
「離職率が非常に少ない会社(組織)」というのを聞かされたことがある。 

それは、ロードサービスを行うJAF(日本自動車連盟)で、
ガス欠やパンク、エンストの時に、電話一本で助けに来てくれる組織である。

 
JAFの職員によると、仕事中の彼らは
「困った人を助けるヒーローの気分」なのだそうだ。 


私も運転中に高速道路でガス欠し、
狭い車の中で、
「あれほど高速に乗る前に、ガソリンを入れてといったのに!」
と家族の罵声に耐え、後続車に追突される心配をしながら、
到着したJAFの人の顔が、どんなに英雄に見えたことか!! 


仕事というのは、単純な労働条件だけで左右されるものでないことを、
経営者として感じ、社員のモチベーションアップを感じた話でした。 


PS.kumaさん、自転車業界でも既に、「自転車版JAF」があるかもしれませんが、
ネットと携帯WEBのみの宣伝で、このビジネス展開してはどうでしょうか?
posted by Terry at 11:59| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

薬害問題

TVやマスコミでは、薬害肝炎訴訟の和解案に対して患者の悲痛な姿を見る。 

私の友人も大量の下血をして死線を彷徨う手術から生還したが、
彼もある病気の症状を和らげる薬を飲んだところ、
小腸から下血し、血圧も大幅に低下して本当に危険な状況だったそうだ。 

肺気腫の一種で、肺が十分に酸素を体内に取り込まない症状だったのが、
その症状を緩和するために飲んだ薬が、下血の原因とみられ、
厚生省は認可しているが、米国ではとっくに処方禁止の薬だったそうだ。 

九死に一生を得て元気な姿で会うことができたが、
そうでなかったことを想像すると、おそろしい。 

血液製剤で、C型肝炎やエイズに感染した被害者が、
身近に感じられるようになったことと、
そんな薬を認可する、厚生労働省への不信は大きくなった。 


安心や安全に注意やコストを、
払わなければならない国なのだろうか。
posted by Terry at 14:43| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

お正月用だったのに.....

田酒 005.jpg

昨夜、お正月用にとネット通販でゲットしておいた、
清酒『田酒 純米大吟醸』を飲んじまいました。(+_+) 


我慢できずに………
 


昨年、東北地方営業キャラバン隊の際、青森県大間で出会った、
この酒、今年も待ってました。 

生産量が少ないので、入手が困難。
ネットではすぐプレミア価格。 

でも、やっぱり旨かった。
 


ぶどう酒(ワイン)もいいが、やっぱり米酒(日本酒)だな!


 
ロバートデニーロが共同経営するレストラン「NOBU」も、
「北雪」という清酒をハリウッドセレブリティに紹介し、
SAKE」文化を定着させ、今は世界中に進出している。

 
ビール好き(CM)の矢沢永吉も、当時はこの酒を絶賛していた。 

今は日本食ブームどころか、世界中がマグロを食いすぎて困るほどになっている。
 


先にブログでアップした海苔店も、
http://boostasset.seesaa.net/archives/20071122-1.html
パリのシャンゼリゼ通りに近々、海苔と日本茶の店舗をオープンさせるそうだ。 


また、この海苔店の納入先の飲食店30店以上が、
「ミシュラン東京2008」に掲載されたそうで、
社長もお喜びのことと聞いた。


 
日本の食文化、ばんざい!\(~o~)
posted by Terry at 11:18| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

シェアハウス

最近、「シェアハウス」とか「ゲストハウス」という賃貸住宅の人気が高い。

これは、キッチンやトイレ、シャワー(バス)などが共有で、
個室はプライバシーが守られている。 

また、「シェアハウス」は一軒屋を共同で生活するものもある。
 

敷金や礼金を取らないものも多く、そのシステムに慣れている外国人にも受け入れられ易い。
また、古くなった民家や社員寮などを保有するオーナー側にもメリットがある。 

もともと、共有スペースの清掃やゴミ出しなどの役割分担が必要で、
ルール化されることに煩わしさもあるのだが、
それ以上に「一つ屋根の下の連帯感」に安堵を覚えられる。 

私も寮生活で、いつも「飲み友達」がいることが楽しい方だった。
 



話は変わるようだが、先日「川口強盗殺人事件」の犯人が逮捕された。

このアパートでは、この事件前にも強姦事件があり、
いずれの事件でも、悲鳴を聞いたとアパート住人が証言している。

これは、ワンルーム賃貸住宅の暗黙のルールで、
プライベートに干渉しない意識があったのだと感じた。 

「なんで警察に電話しない?」と思うが、そういう行動に出れない近所付合いなのだ。
大きなお世話で(事件じゃなかったら)、お隣さんに迷惑を掛けたら大変だという感情だろう。 

そんな中で地域コミュニティー(共同体)が、人の気持ちや社会の隙間を
埋めてくれると思うことがある。
 

私の近くに「○町○丁目町会 若手会」と称して、何かにつけて集まって、
毎晩近所の飲み屋に集まるグループがある。
 

仕事や出身地はそれぞれながら、一体感は抜群。
ボランティアやイベントの手伝いの依頼も多く、それをまたネタに集まり盛り上がっている。
 

また、私もお邪魔させていただこうと思うが、脳天までアルコール漬けにされそうなので、
準備が必要な集団でもある。
posted by Terry at 10:05| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

冬期に備えて

いつも通っている、表参道の美容師に
「この辺りが痩せたねえ〜。」と後頭部を差して指摘された。 


確かに、7月からはじめた「自転車」と「加圧トレーニング」で
8kg程体重が落ちた。 


「風呂上りに鏡を見る時間が増えた」と妻に指摘されるほど、
腰や腹周りの贅肉が落ちて、上半身が「ムキムキ」してきているのを
見るのは快感だ。 


12月に入ると日中も何かと忙しないうえ、お酒を飲む機会も続く。
当然、自転車にまたがる時間を年末まで取れそうに無い。

冬眠前の熊のごとく、毎年春先までに体重が増える私は、それを危惧し始めた。 


先の美容師は、総合格闘技のK-1選手やプロボクサーを顧客に持っているが、
彼らは減量の手段として縄跳びを使っていると聞いた。 


パーソナルトレーナーの佐藤さんにも、
「時間が無いなら、縄跳びが一番手軽で効果的ですよ。」
とアドバイスされたので、 


近所のスポーツショップで購入してきました。 


「縄跳び」 ¥680

 縄跳び.jpg


持ち歩いて、時間があるときに跳ねてみます。
 

まだ試してみませんが、
スーツ姿で縄跳びをしている私を見掛けても、
くれぐれも声を掛けないでください。

posted by Terry at 09:58| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

ローマ法王の心情

いよいよ自分の寿命を自分自身で決める日も近くなったようです。http://boostasset.seesaa.net/archives/20070403-1.html 

それは、自分の皮膚から採った細胞で脊髄、肝臓、心臓などの
機能組織を
再生する医療技術が成功しそうだから。 

これを「ips細胞」というらしいけど、それまで最も注目されていたのが、
ES細胞」といって第三者の受精卵からつくる組織で、
移植の際に拒絶反応が出ることがネックだったらしい。 

医療ベンチャーでも注目の「再生医療」だが、
実際は臨床応用などになるまでに数年かかり、
結局、株式マーケットに放置されている銘柄も多い。 


この「ips細胞」の研究を成功させたのは、京大の山中教授という方だそうだけど、
早速、カトリックのバチカンから講演にも呼ばれ、ローマ法王の接見もかなったそうだ。 


時の権力者は不老不死を求めて争っていたのだから、これで争う必要も無くなるし、
「めでたし、めでたし。」というわけにはいかない。 


この話を聞いて、私はおそらく山中教授はローマ法王から
「おめぇ、いいかげんにしとけよ!」と優しく脅されたと想像しました。 


生命倫理観の問題もあるけれど、
宗教観も薄れるしローマ法王も失業の憂き目に遭いかねない。 


またこの再生医療技術が実現しても、
普及するまでに治療費が高額なんて時が続いたら、
お金持ちと貧乏人の寿命に差が出てしまう。 


むかしどんな言い方をしたか忘れたけど、
貧乏人の子たくさんと長生きは決まり相場だったはず。 


寿命が120歳ぐらいに延びると、定年は90歳ぐらいまでだろうか、
まったく有難いんだか、迷惑な話なのかよく分からないことです。
posted by Terry at 10:23| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

オリビアを聴きながら

「出会った頃は こんな日がくるとは 思わずにいた…………

                    ……あなた私の幻を愛したの。  」                 
     
                           〜オリビアを聴きながら〜 杏里
 


昨日のカラオケで聞いた歌。



 「そうなんだよ、こんなになるなんて思わなかったよな〜。」     
         〜Kさんの溜息とともに出た一言〜
 


私は溜息の事情を知っていたので、大笑い(^O^) 



「ねたまぬように あせらぬように 飾った世界に流されず

好きな誰かを思いつづける 時代おくれの男になりたい。」     
     
              
〜時代おくれ〜  河島英五 作詞阿久悠
  


私の歌った唄。 


阿久悠さんは今年亡くなってしまったけど、
数在る天才の一人ですよね。
詩の中に、時代背景を織り込んで、
励ましや、喜びのメッセージを伝える。 


最近のアップビートもいいけど、
流行った時代を思い出させるような昔の唄はやっぱりいいですよね。  


PS.最後の締め、Kさんは「おどるポンポコリン」で盛り上がっていたけど、
はじける様子見ると、みんないろいろあるのよねぇ〜。
posted by Terry at 08:46| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

イギョッタ!

星野ジャパン勝ちましたねぇ〜。
野球日本代表が五輪アジア予選で昨夜、宿敵「韓国」を破りました。 

こういう時は、nationalityが高まって自分が日本人だということを思い出しますよね。
 


今夜は、在日韓国人のKさんに会う予定ですが、
彼は既に日本国籍を持っているものの、意識は韓国人。
いつも、サッカーと野球の日韓対決で盛り上がる。 


K
さんのような人もいるが、日本は概ね単一民族で、
日頃は「自分は日本人だ!」というnationalityを感じるときは無い。
また、友人とそんな話題も少ない。

(注1: 日頃、私は評論家の桜井よしこさんを、モノホンの右翼ではないかと疑っている。)
 


外国、特に米国では祖国や先祖の出身国自慢をするのが当たり前のようで、
出身国の文化や歴史について、聞かれることも多く、
「俺って、自分の祖国(一応、日本)に興味無かったな〜。」なんて感じたこともあった。 


それ以来、欧米人のために喰イツキノイイ話題をいくつか用意するようになったが、
あまり突っ込まれない、仮に突っ込また時に多少いい加減なことをいっても分からない話題、
「日本庭園と日本自動車の小ささの美しさ」は私の中で無難なレパートリーだ。


(注2: もちろんこの話題は、私のオリジナルだが、どっかで聞いた内容かも知れない.....。)


外国人のホストやアテンドを勤める時は、神社仏閣と庭を案内し、
それに霜降り和牛、特にすき焼きは「生卵に肉を付けて食べる」話題で、
だいたい盛り上がってくれるので、外国人を喜ばせる定番としている。 

(注3: このとき、霜降り和牛は日頃ビールを飲ませ、クーラーの効く牛舎で生活させ、
毎日「おいしくなれ〜。」といってブラッシングしてるから、美味いのだと付け加えると、
より会食が盛り上がり、ヤツ等が感心すること請け合い。)


日本人の精神的規範としては、やはり新渡戸稲造の「武士道」だろう。
既に二度読んだが、いつもピンとこないので、私はまだ日本人として失格のようだ。  


今夜は、Kさんに会ったらまず、
 


イギョッタ!
(勝った。)



 と言ってやろう。 悔しそうな顔が目に浮かぶ。 
posted by Terry at 14:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

紅葉レポートPART2

DSC_0217.jpg

本日より師走入りですが、先月10日に行った軽井沢の様子をアップします。
目的は仕事をお手伝いした、長野県佐久のメルシャン美術館を訪れることです。

もう一つの目的、オープン以来すっかり本店(軽井沢)を凌ぐ評判のレストラン
「エルミタージュ ドゥ タムラ メルシャン美術館店」にてディナーを頂くことでした。

メルシャンは国産ワインに力を入れていて、既に国外の評価も高く、
佐久に工場を持っているため地域貢献として、美術館、試飲コーナー、
レストランをオープンさせた。

(夜のメルシャン美術館)
DSC_0215.jpg


当日の宿泊は軽井沢「万平ホテル」
軽井沢が外国人に避暑地として人気が出た当時に、最初にオープンしたホテル。

DSC_0224.jpg


雨の紅葉も静かで心落ち着く。

DSC_0255.jpg


こじんまりとした万平ホテルのロビー。

DSC_0238.jpg


入り口から見たエントランスと右側がレセプション。

DSC_0226.jpg


レトロなダイニングの扉。

DSC_0227.jpg


豪華絢爛ではないが、会話が弾みそうなダイニング。

DSC_0228.jpg

寝る前にもう一杯。

DSC_0231.jpg


客室からの眺めも、お気に入り。

DSC_0199.jpg


客室の様子。奥のチェアーで読書しながら、うたた寝。

DSC_0203.jpg

PS. レストランの「エルミタージュ ドゥ タムラ」の料理は評判どおりかなりのレベル。
コースは8,000円と10,000円でいずれも満足の内容。
しかしアルコールを飲むために、軽井沢からタクシーを使うとお得感は無くなる。

レストラン下に試飲コーナー併設のセラーがあるものの、
17時でクローズしてしまいレストランのワインストックはいまいち。
残念ながら、ソムリエもいらっしゃらないようでサービスももう一つ。

それでも美術館内にある店の雰囲気も良く、トータルではグッドでした。












posted by Terry at 18:24| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。