2008年10月31日

払い戻されたと思ったら

火災保険、特に賃貸住宅オーナーには必要なものです。
(過去の保険についてのブログは以下から)

http://boostasset.seesaa.net/archives/20070323-1.htmlhttp://boostasset.seesaa.net/archives/20070321-1.html
借入れを起すと、銀行からその建物に対しての火災保険の加入を求められますし、
火災や天災、建築構造上の事故は、オーナー(事業者)負担です。 

ちょっと話がそれますが、2001年の44名が亡くなった歌舞伎町雑居ビル火災で、
(未だ放火犯?は、見つからず。)ビルオーナーは消防法違反で有罪判決となった。
オーナーが、防火扉が開かない状態を黙認したというもの。
最終的に「テナント任せにしていた」では、通用しない問題になる。 

話を戻して、火災保険を販売する営業マンもよく理解できずに、
保険料取りすぎが問題になった、住宅の構造区分を見直すそうだ。 

今までは、木造、コンクリート、マンションなどで5区分あったが、
「非耐火」「対価」「マンション」の三つになる見込み。 

判り易くなったら、従来の木造住宅(外壁がコンクリ除く)の「非耐火」は、
保険料が23割アップするそうで、大っぴらにたくさん取り立てるそうです。 

そりゃないです。結局、払いすぎた多くの保険加入者が、やっと払いもどされたと
思ったら、
次の年からは余分に取りますでは、利用者本位じゃないですよ。
 

そういえば、麻生首相も「生活支給給付金」といって現金をくれるらしいけど、
3年後には消費税をあげさせろ!」といってた。 

やっぱり、上手い話はそうないな。
posted by Terry at 11:07| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

都市近郊農家の問題

今日は、埼玉県三郷市主催の研修会に招かれ、経営コンサル「HAL」の水野代表と出席。
参加者は三郷市の農業者で、81名の参加があった。 

研修の第一部は種苗メーカーの野菜の生産についての話。
 

その後の第二部が「ちょっとした工夫で農業収入がアップする」と題した研修。
私と水野代表がパネラーとして、自己紹介の後、農業の形態と後継者問題、
相続の問題についてディスカッション。 

そして、私が「土地の有効活用と問題」について講演させていただき、
水野先生がマクロからみた農業の将来について締めくくった。 

「ちょっとした工夫で・・・」で農業収入が上がるわけがないのだが、
役所の担当者の方が決められたとかで、タイトルと内容については
少しミスマッチの感があったものの、
出席者の皆さんは真剣にメモなどを取られていた。 

水野代表も私も手探りで研修内容を用意したものの、
役所の担当の方や、参加された方の評判も良かったらしく、安堵の気分。 

少しでも、農家の方の檄になってよかった。
 

最近特に、食の安全が叫ばれ、また景観としての都市近郊農家への期待が膨らむ。
 

他市での話だが、ほうれん草農家、親子3人での年間収入(売上)が240万円で、
保有する農地の路線価が20億円を超える一家の話を聞いた。 

当然、一部の土地を貸して収入の大部分を得ているのだが、
名のあるフレンチレストランに、ほうれん草を直接納入していることを、
生産者の唯一のプライドとして、真摯に農業に取組んでいるそうだ。

このギャップが、現在の都市近郊農家の問題だ。
posted by Terry at 18:04| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 土地活用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

今月もあと5日

いよいよ、今週末に「富士チャレンジ200」を向えることとなった。
1周約4.56km富士スピードウェイを、7時間以内に44200km
自転車で走る耐久レース。 

その2週間後には、初フルマラソン「湘南国際マラソン」が控えている。
 

今月は、BIKE500kmRUN250kmをトレーニング目標としたが、
昨日までで、BIKE220km(エアロバイク含む)、RUN159km 

今夜もちょっとした会合もあるし、
明日あるセミナーの、パネラー&講演の原稿もつくらないといけない。 

今月は月はじめから仕事が忙しかった。
とりあえずスタートラインに立つために、今週は軽めの調整といこう。 

それにしても、マラソンやロードレースなど過酷なスポーツをすると、
脳内エンドルフィンが出て、いわゆる「ランナーズハイ」という状況になり、
いつまでも走り続けられる感覚におちいると聞いて、
いつその日が来るのかと楽しみにしているのだが、
いっこうにその兆しが無い。 

毎回、走りはじめたときは、「止める理由」を探している。
「昨日、たくさん走ったし。」「あまり疲れると、今日の仕事がつらいし。」
「二日酔いだから、あまり無理せんとこっ。」「今日は、足の調子が悪いし。」etc… 

決めたことを、直ぐに翻したくなる。

辛いことに耐えられる強い精神が、欲しいぃぃぃぃぃ。(*_*;

posted by Terry at 17:37| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月25日

円高はチャンス

円が1ドル90円まで急騰して、トヨタなどの輸出関連株が売られ、
日経平均は7649円まで下落。 

確かに日本の経済は輸出に大きく依存しているが、
逆に食料や石油などの資源は輸入に頼っているのだから、
円高が一方的に悪いという不安を与えないほうがいいのに、
マスコミの一方通行な論調が気になる。

ドルに対して、高くなった通貨は「円」だけです。
やっぱり、日本が世界でもっとも健全な状態だと証明されたので、
ビッグチャンスじゃないですか。 

1年前のブログで、いよいよチャンス到来だとアップしたが、
まさに、その時が来た気がする。
http://boostasset.seesaa.net/archives/20070726-1.html
(ちなみにその時の米ダウ平均は14000ドル、今日は8300ドル↓)
 

オーストラリアの鉱山や、ブラジルの農地を買うのもいいし、
また、円を使ってアフリカや東南アジアに日本が得意な浄水施設なんかを、
プレゼントするのもいい。
京都議定書の二酸化炭素削減を、米国に批准させるカードに使ってもいい。 

また、日本が世界で存在感を出せるチャンスです。 

いよいよ、面白くなってきましたねぇ。
posted by Terry at 18:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

社名変更

松下電器産業が、世界で展開するブランド「パナソニック」に社名変更し、
ブランド戦略の統一を図った。

世界中の空港や繁華街で見る「SAMSUNG」の韓国家電サムスンに、
ブランド浸透力で、かなり差をつけられたからだそうだ。 

松下は101日から正式に社名変更したが、他にもたくさん社名変更が相次いだ。
上毛→価値開発、フジテレビ→フジメディアホールディング、
住友石炭鉱業→住石マテリアルズetc 

数年前には銀行や鉄鋼、百貨店など、持ち株会社化して、「○○ホールディング」になった。
 

また、不祥事などで社名を変更するのも続いている。
手形貸付の日栄→ロプロ、商工ファンド→SFCG、人材派遣のグッドウィル→ラディアホールディングス、etc 

社名変更が相次いでから、新聞の株式欄ではその株価を見つけられなくなった。
 

落語家は、師匠や先代の名前を引継ぎ、襲名するのは実力が認められた証だが、
「ウィークエンダー」で桂朝丸の名を売った桂ざこばは、二代目ざこば襲名後、
二年間、名前を変えたことが不安でしょうがなかったそうだ。

メル友の食品製造会社B社長は、自社製品を漢字からひらがなに変えたことで(だけで?)
その商品のイメージが変わり、売上が急増したそう。 

ある街の活性化のためには、好ましくないイメージがついた駅名を変更することが、
街の活性化につながると、「CIやブランディングの天才」B社長は訴えているわけです。 

人間の感覚は概ね、その印象やイメージによって左右され、その行動を判断するそうですから重要ですね。
 

そういえば、私の名前の字画もあまり良くないし、「樹生」で「たつお」と読むのも、
無理があるので、変えてみる価値あるかな。
posted by Terry at 10:05| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

品質と価格

青森産にんにく1玉298円。中国産にんにく6280円。
近所のスーパーの値段だそうだ。 

冷凍食品、加工食品、お菓子、などなど、PB(自主企画)商品は安くて、
スーパーの陳列棚を徐々に席巻しつつある。 

飲食店でも、冷凍食品や加工食品は使っているだろうから、食べているだろう。
 

レストランチェーンのサイゼリアのピザ生地に、メラニンが混入されていて、
それも中国製。 

米ウォルマートがPB商品の多くを生産する中国取引先に、
生産履歴情報を開示させるそうだ。
当然日本の系列の西友もそのPBを扱っている。 

購買力平価を詳しく調べていないが、米国の物価、特に消費財は世界中でもかなり安い。
 

安価な労働力を持つ国に生産工場を持ち、安価で安全な商品を提供することで、
消費需要を喚起させるという。
世界消費不振のなか、一定の品質確保と安売りで売上増を狙う。 

↑ウォルマートCEOのコメント。グローバルで合理的な判断?
 

農業、消費、安心、
 

どうも、食いしん坊の私には腑に落ちないのですが、何か違うよな。
posted by Terry at 09:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

またもリーマンが...

昨日の競馬、G1レース秋華賞は、大荒れて3連単1千万以上の配当。
馬主の永遠の夢、G1オーナーは田原邦男さんです。 

彼は、先日までサラリーマン、倒産した「リーマンブラザーズ」の
株式トレーディング本部長。現在失業中。 

ゴールドマンから移籍したばかりで、倒産の憂き目に遭ったものの、
神様も乙なことしてくれますよね。 

「人生止められんな !」とほくそ笑んでいることでしょう。
彼のブログからもその興奮が伝わってきます。 

中央競馬で馬主になる為には、以下の条件が必要。
個人・法人馬主の代表者は、過去2年の所得が1800万円以上、資産9000万円以上 

今回のG1賞金は8900万円で、取り分は調教師10%、
騎手、
担当厩務員(馬の世話がかり)が各5%、
馬主の田原氏には80%なので7120万円。その他様様な手当てあり+α。 

このG1馬ブラックエンブレムの父は、社台ファームが25億円で購入した米国2冠馬。
雄で種牡馬だったらもっと凄かったけれど、引退後は繁殖牝馬として活躍するだろうから、
これまたいくらの値が付くのでしょう。
 

このレースで3着になった馬主も、リーマンブラザーズの元同僚、林邦良氏。

それにしてもこの田原氏、馬主歴7年で6頭の競走馬を所有している。
実家は、400億円以上を売上げる小売店チェーンを営む、ご自身もまさにサラブレッド。
凄腕ディーラーとしても鳴らし、馬主としても早々に強運を発揮した。 

そのうえ、私と同じ1967年生まれ。 

「失業しても、神様は見捨てないんだなぁ〜。」と同情していたら、
とんでもなかった!! 


どうか、神様、私にも….
posted by Terry at 17:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

お役に立ててございませんが...

表彰状.jpg


コレクションしているわけではないのですが、
今年は警察関係から三回も表彰、感謝状をいただきました。 

額に入れて飾ろうと思っているうちに、ハットトリック!
不謹慎でした。m(__)m  

犯罪件数が増え、検挙率が下がり、警察官の数が財政上増やしにくい、
という訳で、民間のグループや企業、自治体に防犯の一部を手伝ってもらいたい。 

せめてもの感謝の気持ちを、感謝状で表そうということ。
然したるお役に立ててもいないのに、恐縮です。m(__)m

確かに、夜な夜な繁華街を見回っておりますが....
 

夜、公園を走り回っていますと、無灯火の自転車が多くて、
すれ違いのとき、危うくぶつかりそうになります。
無灯火は危険ですので、止めましょう。 

今日は、10kmのランのあと、ロードで荒川から葛西を抜け江戸川経由の110km
「最近、走ってねぇ。」と自転車屋のK社長からお小言。 

明日日曜日も朝のうちは仕事なので、合同ロード参加できません。
ちゃんと自主練しときますから。m(__)m
posted by Terry at 18:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

早期発見が第一

朝、顔を洗って着替える前に、体重計にのる。
概ね7879kg。これが、翌日69kgになったり、90kgを超えたりしていたら、
おそらく身体が持たないだろう。

身体
が持たないほどの乱高下が、今の株式相場。 

レバレッジを効かせ目一杯膨らませた金融経済と、
住宅価格の上昇を担保にした派手な消費生活。 

メタボ経済から、生活習慣病を発症して、公的資金という点滴をうけて、
体重激減、スリムな体質改善のため、倹約生活が待っている。 

私も1年ちょっと前は、90kgの完全メタボ体型。
痛風、中性脂肪、肝機能低下。
偶然にも危険を察知したのか、自転車をはじめてついでにランニングにもはまった。 

いまだ、食生活の改善は見られないものの、
20年前の体型に戻り、健康体になりつつある。 

金融危機から、実体経済の悪化にマーケットの視線は移っているが、
まだヘッジファンドという病巣が、どれだけ進行しているのかわからないので、
これが明らかになったら、ケリがつくのかなと思っているた。

しかし開腹手術をするのが怖いので、「時価会計凍結」とかいっている。
日本に無理やり時価会計を導入させたのは、米国なのに。 

突然死されたら困るし、手の施しようがないので、性質が悪いことになってきた。
 
お医者さんは、「病気は早期発見が第一」といっていますからね。 

私は健康体になりつつあるし、ストレッチして次のレースの準備でもしときましょう。
posted by Terry at 11:20| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

みんなと渡ったから...

月曜日に米国株式市場が大幅高したら、
翌日の日経平均は1171円高で史上最大の上昇率。
昨夜の米国株式市場が小幅に下げると、今日の日経平均は100円安。

ここ数週間、英国を初め欧州市場もまったく同じような値動き。
新興国の中国、ロシア、インドも値幅こそ違え、トレンドはまったく同じ。
 

昨年ぐらいから「デカップリング論」という、
米国がいずれ悪くなっても、中国、ロシア、インド、中東は高成長を続け、
世界経済は循環しながら成長するという説を聞いた。
 

しかし、どうもお金は世界を毎日グルグル回っているので、
「切り離す」という意味のDecouplingにはなっていないようでした。
回復するのは、そういう国が早そうですが 

今回、米国が破綻することは、遅かれ早かれみんなわかっていました。
逃げる準備をしていても、決して先には逃げられない。
先に逃げてしまえば、他の投資家よりも大きな利益を得る機会を逸失しまうからです。
 

これでは、運用を任されているファンドマネージャーは、すぐ首です。
ライバルもやられていれば、マーケットのせいに出来ますから、
大損してもクライアントに言い訳できます。
 

気を利かせて、「そろそろ手仕舞っておきますか?」などといったら、
金融の世界で生きていけません。 

だから、バブルはメいっぱい膨らみ、同時に爆発します。
皆、同じ行動をするのです。(みんなで渡れば怖くないのです。) 

資本主義は、開拓できるフロンティアが残っているうちは成長できます。
それが、先の新興国だとすると、膨張の限界が見えてきました。 

いつまで、チキンレースを続けるか。
みんなと手をつないで、川を渡るのか。
弱虫の誹りを受けても、このゲームを降りるのか。

あなたは、どっち?
posted by Terry at 16:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

日本のレマン湖

プレゼン用や毎年のカタログの紅葉の写真を撮るためと、他人の別荘のぞき見
湖畔の散策路をトレッキング、さらに妻を伴い家庭サービスという

私の仕事と趣味、家庭のワークライフバランスを全て兼ね備えた一日。
 

今朝4時起床し、日光、竜頭ノ滝・中禅寺湖・湯滝・湯ノ湖から、
ロマンティック街道を経由し、群馬県赤城山のカルデラ湖大沼を巡った。 


日光 022.jpg


紅葉は今が見頃、男体山も奇麗に色づく。
 


日光 001.jpg


紅葉の善し悪しは、@日照時間、A気温の寒暖の差、B水分、に影響され、
滝や湖、川の近くは特に奇麗に紅葉する。 


日光 006.jpg


早速、ランニングがてら中禅寺湖湖畔の別荘を見学。
個人の所有物はアップできないので、外国大使館の別荘の紹介。 


↓まずはイギリス大使館の別荘。黒塗りで威厳と権威を感じさせる「黒壁」
 

DSC03200.jpg


↓イタリア大使館の別荘。(現在は周囲が公園になっている。)
これも壁が、杉の皮と正目板の格子になっているデザインで、さすがItaly 

DSC03204.jpg
DSC03211.jpg


ここから、ヨットを湖畔に滑らして遊ぶのだろう。
 

DSC03209.jpg


↓ベルギー大使館の別荘。特にコメントなし。
 

DSC03212.jpg


↓そして、フランス大使館の別荘。レマン湖の辺とはいかないが雰囲気は出ている。
  

DSC03214.jpg


カエデ、ナナカマド、ミズナラ、色のコントラストが素晴らしい。

日光 021.jpg


四季がある日本に感謝。 

日光 027.jpg
DSC03231.jpg


最後に、赤城山の大沼にある赤城神社で「流鏑馬」の神技が行なわれていた。

DSC03252.jpg
posted by Terry at 21:24| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

房総半島を堪能

知人の会長に前立せん癌が見つかり、近々手術ということで、励ましと激励の為、
千葉県館山でゴルフをして、房総半島で旨い魚を食いに行こうと1泊旅行。 

その間、日経平均は8000円台暴落し、コメントで危険だと触れたREITのニューシティが破綻、
知己のある方が社長を務めた大和生命も破綻。 

そんなことは露も知らず、手術を控える当の本人もすっかり元気で、
房総の潮風は幸せを感じる香でした。 

経営者の立場からすると「おいっおい、これから先、大丈夫か?」という心配から、
悲観的な話題になりそうなので、
出来るだけ、まわりの明るい話題を探してブログをアップしていきます。

とりあえず、話を戻して今回の旅行は、早朝6時に出発しアクアラインを経由、
ゴルフは館山カントリークラブでプレーです。

フェニックスのアプローチとクラブハウスが南国風でしょ。

房総半島 002.jpg

併設するホテルに宿泊して、宿泊費プレー代込みで18,500円。安いっ!
世界中でもこんなに安くゴルフがプレーできる国はありません。 


夜は布良漁港の富鮨で、内房の地魚を堪能。
会長曰く「こんな旨い寿司は生まれて食ったことがない。」そうで、
術後は奥さん同伴での再訪を、約束させられる。
(過去の富鮨の話題は以下から)
http://boostasset.seesaa.net/archives/20080822-1.html 


翌日は、そこから外房を車で飛ばし、60km先の勝浦の朝市を訪れる。
 

こちらは外房の魚になるが、干物はもちろんのこと、
朝市では、おばちゃんたちが自分で収穫した野菜が並ぶ。
彼女達が自ら生産したものなので、セールストーク?にも説得力がある。
我々の手は、あっという間に購入した食材の袋でいっぱいになる。

房総半島 007.jpg 


お昼は外房の郷土料理を、で堪能。
 


↓鯵をたたいた「なめろう」。なめるくらい美味しい。

房総半島 009.jpg


↓鯖をたたいて、あわびの殻につめて焼く「さんが焼き」。冷酒がすすみぎる。

房総半島 010.jpg


↓キンキの煮付け。立派な大きさだった!

房総半島 011.jpg


↓つみれ汁。うっ、旨い!!

房総半島 012.jpg


↓サザエのかき揚。これは絶品。さざえのコリコリとした食感が最高。

房総半島 013.jpg 
 

こういう料理は日本でなければ食べられないと、ウナリ声をあげてしまいました。
 

諸外国と比べ物価も安く、安全で、文化(特に食)が高い日本は、
捨てたもんじゃないですよね。

夕方には会社に到着し、房総半島をたっぷり堪能した時間でした。
posted by Terry at 10:36| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

悲観論と楽観論

今日の株式市場は暴落。
日経平均952円安の9,203円。あっさり一万円台割れ。

日本の株式市場の投資主体の「外国人」、特に欧米の銀行が保有する日本株を売って
現金を日本から引き上げている。自己資本比率の死守の行動。

既に、日経平均6,000円を想定する株式評論家も現れた。
 

こうなると、いい頭の評論家はもっともらしい「下がる理由」を解説しはじめる。 

TV、新聞、インターネット、あらゆるメディアは、「過去最悪の大恐慌」
と連日、報道し続けるだろう。 

不安を煽り続けてどうする?
毎度、メディアはいっせいに同じ悲観論の論調を流し続ける。 


個人的には、インテリの悲観論よりアホの楽観論を聞きたい。

こういう時こそ、鈍感で馬鹿になれる人が好きだ。
 

当分続く、この悲観論の論調に耳を塞いで過そう。
 


明日は、千葉県館山でゴルフだ!
旨い寿司も食えそうなので、日々に感謝の気持ちで楽しんでこよう。
posted by Terry at 18:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

不動産投資信託

REIT(不動産投資信託)が、034月の開始以来初めて、
基準値の1000を割込み、昨日944.11をつけた。 

昨年、5月末では2612の最高値をつけたものの、
金融収縮の煽りで、
大幅な下落をしている。 

利回りは7%を超えており、十分良い条件での投資チャンスです。
 

しかし、リートの投資家主体は金融機関なので、
決算による損失確定を急ぐあまり、価格の下げを誘発しているようです。 

REIT
は、資金の返済やリファイナンスの時期が巡ってきますので、
このまま資金の調達がすすまないと、せっかく誕生した不動産証券化市場が、
機能しなくなってしまいます。 

直接、不動産物件を取得することなく、低リスクで、小額の資金でも購入できることが、
証券化のメリットです。 

個人的には、リファイナンスに問題の少ないREITへの投資チャンスと考えています。
posted by Terry at 11:38| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

4時間エンデューロ

週末は、サイクルロードレースに参加。 

モテギ4hエンエデューロ8.10.5 011.jpg

栃木県にある「TWIN RING MOTEGI」にて、
4時間エンデューロのロードソロのカテゴリーにエントリー。

4
時間、一周7.2kmのコースを一人でどれだけ走れるかという競技。 

自動車メーカー「ホンダ」資本のこのサーキットは、
10年前にオープンし、
その際に周囲の植栽を手伝ったところでもあります。
 

結果は、18周で平均時速32.4km194位。トップとは6周回差。
休憩せずに走りきれたのは、Runの成果だろうか。 

モテギ4hエンエデューロ8.10.5 005.jpg

朝起きてあまり疲れも残っておらず、今夜も早くに帰宅できたら走るつもり。
 

ちなみに、7時間のカテゴリーでは米証券ゴールドマンサックス勤務の某氏がトップ。
この某氏、アマチュアロードレースで常に優勝争いに絡んでいる。 

過酷な業務とアマチュアスポーツを両立しているのだから、素晴らしい。
お会いする機会があったら、その辺りの「ツボ」を尋ねてみたい。
posted by Terry at 10:28| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

つぎは関東大会突破!!

★10月5日(日) 県1部リーグ第14節(最終節)
場所:埼玉スタ第4
開始:10:00
相手:飯能セボジータス
1 前半 2
3 後半 0
--------
4 合計 2
○勝ち    2008年度リーグ戦積 7勝5敗2分:4位
試合詳細は準備が出来次第、アヴェントゥーラのブログで!

今年は首の皮一枚で、リーグ戦4位が確定し、
関東社会人サッカー大会への出場権を獲得しました!
今年の関東社会人サッカー大会は11/8-11/16に神奈川県
で開催されます。

ここところ週末に応援に行けてませんが、
関東社会人サッカー大会には応援に行きたいですねぇ。

↓こんなポスターも、出来上がったことだし(^_^.)

アヴェン・ポスター.jpg
posted by Terry at 10:20| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

政治のジレンマ

昨夜は、ある政党の資金partyに出席。
参加者は7百〜8百人ぐらいか、前列には有力後援者の席が用意されていた。 

ところで、米金融安定化法案の修正案が可決、再度下院の採決に委ねる事になった。
その一方で、米副大統領候補のTV討論が行われた。 

オバマ、マケイン両候補とも、減税は口にするが「増税」は言わない。
不良債権処理の75兆円の財源は、さらなる米国債の発行で補うのか?

「そもそも、この75兆円の数字の根拠は何か?」という米下院議員のコメントをTVで観た。
日本の10年前、住専国会や公的資金投入時の政治家のコメントと同じだ。 

根拠なんてないんです!
 絶対にcollapseさせないという保険に過ぎないのですから。 

米国の人々だって、日本が公的資金投入を先送りして、不況が長引いたことなんて
百も承知のはずなのに行動できない。
(不思議だけれど、人間はおもしろい。いつもこの矛盾に悩んでる。) 

「金融機関ばかり税金で救うのは許せん。」という感情は当然です。
そこで75兆円の財源を、一般人に納得させるため、高額所得者への大増税で賄うのです。
アメリカの高額所得者なんて、金融従事者がほとんどなんだから。 

しかし、二人の米大統領候補はそんなこと言い出せない。
だって彼らも、参加費一人3万ドルの資金調達partyを全米で開いているから、
その有力者から、さらに税金をブンどるなんて出来ないだろう。 

そういえば、昨夜のpartyでも演壇の先生方が、
「前列」にお座りになっていた「有力者」に、
嫌われるような政策を「口が裂けても」言えないだろうし。(^_^)/ 

いまの日本の政治でも、国民心理と政治家の政策判断にジレンマが起きてます。
結局、我々が損をするのですよねぇ。
posted by Terry at 18:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

K-1観戦

K-1.jpg


昨夜は、K-1観戦。
魔娑斗が予定通り?に、判定勝ちで世界王者。 

それにしても、K-1ファイターの僧帽筋、三角筋、広背筋、上腕三頭筋は、
いずれも鍛え上げられていて素晴らしい。 

街を歩いていたり、オフィスで仕事をしている人々より、
そこに観戦している人たちが、雄雌の性別が際立って見えるのは私だけか。 

格闘技、蹴る、殴るという、理性の無い、本能剥き出しのぶつかり合いは、
人を興奮させて、野生の気質を目覚めさせる気がする。
posted by Terry at 10:28| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月01日

明るく行こうぜ!

ここ数日のあらゆるメディアをみると、
米国金融危機関連のニュースで暗くなりますね。 

これから先、どうなるのだろうかと……
 

そうしたら、美と健康の国ルーマニアでは、
今年の6月に、↓こんなことが、

 
『ルーマニアの上院が、暗いニュースが多過ぎて人々を病ませているとして、もっと「楽しいニュース」を流すよう、テレビ局やラジオ局に命じる法案を可決した。 

バセスク大統領の承認が必要だが、同法案は、ニュースの放送では「明るい」話題と「暗い」話題に対等に時間を割かなければならないとしている。
 

提唱した議員らは、暗いニュースが「極めて有害で、健康に取り返しのつかない影響を与える」と主張。上院はこの法案を全会一致で可決した。』

↑ルーマニア上院は、「明るい話題」の報道を命じる法案可決をさせるなんて、
なんてuniqueなのだ!! オっモロー!!  

GDP
(名目国民総生産)という指標は、一般的に国民の豊かさを示します。

しかし、ブータンの国王は、国民の豊かさの指標をGDPから、
GNH(国民総幸福量)にかえて、欧米の価値感から離れ、
独自の伝統と文化を守ろうとしている。 

最近流行の「ロハス」「スローライフ」の先端を行く行動指針です。
  

麻生新総理大臣の所信表明演説と比較すると、
日本人が生真面目なのか? 
ルーマニアやブータンの国王が鷹揚なのか?

もっと、リーダーが明るい発想で頑張って欲しいよな。 
posted by Terry at 10:36| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。