2008年11月28日

土地譲渡益非課税

老朽化したビルをリニューアルし、収益化するのを得意とした不動産会社が倒産した。
既に、上場会社の倒産は30社を超え、過去最多になった。 

一方、政府は個人の土地譲渡益課税を非課税とすることを、検討している。
現在、保有五年超で譲渡益に20%、五年以下で39%を課している。 

過去最大の住宅ローン減税と合わせて、住宅購入を促進させる目的。
 

地主は価格が下降局面では売り惜しむが、譲渡益課税が無くなれば、
確かに「多少安くても」売却する気になるかもしれない。 

しかし、住宅用の土地が不足しているわけでもなく、逆にだぶついているところに、
使用収益がない土地がさらに、市場に出回ったら、
より不動産価格は下がるのではないだろうか? 

まず、それらの在庫を抱える法人(住宅メーカー)の、
土地を流動化させるほうが先決だと思われるのだが 

どうも真っ暗な不動産業界だが、
雪解けのあとの新芽を見つけられるようにしていこう。

明日からは、京都・兵庫に出張。
午後イチに面会の約束なので、朝一番の新幹線に飛び乗り、
午前中に、嵯峨嵐山の紅葉の写真を撮ってこよう。

36557.jpg

翌日は、兵庫県豊岡市、志賀直哉の「城の崎にて」。
ストーリーは覚えていないが、もう一度読んでみるかな。
posted by Terry at 11:27| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 税制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

大家の悩み

元厚生事務次官宅襲撃事件の容疑者について、事件そのものはまだ釈然としない。 

連日の報道では、容疑者の生立ちや周囲とのトラブルの多さを知らせているが、
取材に応える不動産オーナーの心境を察すると、
周囲とトラブルを抱える容疑者に
頭を抱えていたのだろう。 

それにしても、常識では測れない事件に不安を感じる。
 

不動産賃貸業は、空室では売上はゼロになる。
しかし、安易に入居を認めれば、
大きなトラブルの種となる。 

不動産の借地借家法は、一般的に弱い立場の借主(借地人、借家人、店子)の保護し、
守る法律なので、一度、家主と賃貸契約が結ばれると、
そう簡単に、トラブルの種になる店子を追い出せなくなる。 

先の容疑者は、家賃はきっちり納めていたというから、なお、厄介だったろう。
 

賃貸管理を専門会社にまかせることにより、その煩わしさから離れられるが、
住居系賃貸事業も「楽な家業」とはいかないものだ。
posted by Terry at 08:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

出国審査

先週末の連休に、某第三国に亡命してきました。 

もちろん、冗談で最近の円高を堪能するため、友人達と23日の旅行です。
 

チケットからホテル、観光、食事まで、オリジナルでアレンジしたツアーでしたので、
どんなことになるやらと心配しておりましたら、
早速、出国審査で、事件が......

私がパスポートとチケットを渡して、
出国審査官は私のパスポートの写真を見比べ、
出国スタンプを押してpass
 

すると、隣のゲートで並んでいた友人が、必死にパスポートを指差し、
困惑した顔で何やら訴えている。 

私が手に持つパスポートに視線をおとすと、
 


違うじゃねぇか〜。


そのパスポートの写真は、困惑したSさんのものだったのです。 

まだ、出国審査を済んでいないSさんの手には当然、私の写真入のパスポートが......





写真とSさんの顔を、審査官は何度も視線を行ったり来たり往復、
結局、出国スタンプを押す。 


えっえ〜〜〜。
 



気づかないのかよ!!
 



Sさん:「最近、たっちゃんは痩せたからな。」
 

複雑な表情のSさんでございました。
私は光栄ですけどね。
posted by Terry at 18:09| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

ボージョレー解禁日

本日、11月第3木曜日はボージョレー解禁日。
(昨年のボージョレーのブログは下記から)
http://boostasset.seesaa.net/archives/20071116-1.html 

今年も、「今年の出来は、収穫時に天候がよかった…etc」などという、ウリ宣。
 

ピーク時より、ボージョレーの輸入量も半減したそうですし、
もうそろそろ同じ、「世界同時解禁。」とか「今年も例年以上の出来。」
などという
うたい文句も通じなくなってきています。 

いくらなんでも十把一絡にして、ボージョレーを扱うのもそろそろ止めたほういいようで、
安価を目指して葡萄を機械摘みしているところもあれば、
当然、手で一房一房ずつ丁寧に摘む生産者もいるし、
また、糖分を加えたり、香づけの香料を入れたものもあり、
醸造方法も手間隙のかけようによっては大きく変わり、手を抜くか加えるか、
職人のプライドにかかる部分が多いので、
価格、品質はそれぞれ違って、同じボージョレーでも特徴があって当然ですから。 

この解禁日に集中した「初飲み」「一気飲み」の勢いも、そろそろ見直しの時期ですかね。
 

例年通りの今夜、知人の酒屋さんが
「ボージョレー・ヌーボーを楽しむ会」を開かれるのですが、
その場では、「まぁ、能書きは後にして、いっぱい行こうぜ!」のノリでいきますよ。

楽しく、美味しく飲めるのが、一番ですからね。
posted by Terry at 09:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

知ってか、知らずか

マイケル・ジャクソンが、ついに豪邸ネバーランドの所有権を手放すことになった。
(過去のマイケル、ネバーランドのブログは下記から)http://boostasset.seesaa.net/archives/20080228-1.html 

栄枯盛衰、諸行無常、おごれるもの久しからずなんでしょうか?
 

先日の小室哲哉もそうですけど、アーティストは常識的じゃ「作品」は作れないし、
放蕩、刹那的は芸術家のお決まりで、納得する部分もあるんですけど 

マイコーは、バーレーンの王様から詐欺で訴えられているそうで、
ここも小室と共通するのですが、 

少なくとも、投資していただいたもの、融資していただいたもの(何れ返済するもの)
戴けたもの、この区別は社会人の常識として持ち合わせないと、問題ですよね。
「詐欺」という刑事事件になってしまう。 

自らも、周りからも梯子に登ることを躊躇わず、登ってみたら梯子が落ちていた状態。
 

ネバーランドも管理が行き届かず、荒れ放題のひどい状態らしいのですが、
たくさん動物も住んでいたのにどうしているのだろう? 

そういえば、マイコーが日本に来日した時も、「バブルス」というチンパンジーを連れていたっけ、
ちゃんと食べているだろうか? 

何か、「バブルス」という名前も皮肉だな!
posted by Terry at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

初マラソン4時間06分

初マラソン42.195kmを4時間06分で完走いたしました。 

国道1号から西湘バイバスを通行止めにして、
大磯プリンスホテルから江ノ島を往復する「湘南国際マラソン」は、
2万人近い人が、選手、ボランティアとして参加した大会です。
 

湘南コース.jpg

レース当日は、小雨まじりの天気。

サザンの「チャコの海岸物語」や「いとしのエリー」を、
i-podで聞きながら走るのを
イメージしていたのに残念。 

湘南マラソン 010.jpg

そのうえ、雨対策のゴミ袋みたいなビニールを被って、気分は気重。
(写真は笑顔↓)

湘南マラソン 001.jpg

スタートしてみるとそれほど気になる雨でもなく、逆に日差しが出ていなくて、
マラソン日和だと自己暗示をかけながら走る。 

雨の中でも、参加者の家族や沿道の住民、ボランティアの数は半端ではなく、
やはり応援されると、足取りもついつい軽くなる。 

江ノ島近くの折り返しまで前半の21kmは、1時間56分。
540/kmのペースでまずまず。
しかし、初めてのフルマラソンなので、ペース配分を計りかねていた。 

全ての給水ポイントで、水を飲み、ノドが渇くのを防ぐ。
 

30
kmを過ぎると、多くのランナーが足を引きずり始め、
道路脇でストレッチをする人の姿が、たくさん現れる。 

ちょっとした坂になると、急に歩き出すランナーも増えて、
「俺の脚はどこまで持ってれるのか?」と不安になりながら走る。 

普段は自動車専用道である西湘バイバスの入り口の坂はきつかった。 

一旦、ゴールである大磯プリンスホテルの前を通り過ぎ、
35kmポイント、残り7kmほど。 タイムは3時間24分をまわる。
残り7k×6分/km=42分として、このとき「まさかの3時間台(サブフォー)」は、
無理だと認識。 

とりあえず、ゴールでの姿を想像したりして、
最後の腕振りを強め、足を前に出す。 

そしてついに、フィニッシュ。42.195kmを4時間06分。
充実感、達成感に満たされ、至福の瞬間。 

心理学者マズローの5段階欲求の最高位「自己実現」は、
この達成感に間違いない。
 

湘南マラソン 016.jpg

帰りには、早速、横浜関内でピッツェリアを経営する友人に、
韓国料理で完走祝をしていただき、仕上げはこんなBARで、  

湘南マラソン 019.jpg

しかしながら、飲みすぎも含め、翌日の私の身体は、ボロボロでございます。
posted by Terry at 14:18| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

いくつ?

マラソン経験者に「最近、マラソンをはじめました。」というと、
必ず「どのくらいで走るの?」と聞かれる。
その返事を聞いて、勝ち誇る人、ホッとする人それぞれです。 

ゴルフでは、「ハンディはいくつ?」「どのくらいで(ラウンド)をまわるの?」
と聞かれるが、マラソンのタイムと違って、
「ハンディは7です。」とか「だいたい80前後です。」などと返事をすると、
「仕事やっていないねぇ?」と皮肉を込めて言われることが多い。 

私の同級生で合コンフリークである独身のX子ちゃんは、
合コンで年下の男性から「おいくつなんですか?」と聞かれると、
「初対面の女性に歳を聞くのは、『あなたの貯金は、いくらあるの?』と聞くぐらい失礼なことよ!」と応えるのだそうだ。 絶句!!m(__)m                            

ある銀行の上得意先の集まりで、偶然、隣に座った人から、
「おたくの会社、売上いくら?」と聞かれて、
実際の額の10倍の売上を応えて、その聞いた人を閉口させた猛者の社長もいる。 

遠慮して、聞かないことも多いが、聞いてみたい誘惑に駆られるときも、ある。 

上には上がいるし、人それぞれなのだから、自分だけの「山」(目標)を目指して、
登ればいいんですよね。
posted by Terry at 16:45| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

東京ミッドタウンPART2

打合せのため、一年半ぶりに東京ミッドタウンに行ってきました。
以前にも、東京ミッドタウンと六本木ヒルズについてアップしましたが、
(過去のブログは以下から)
http://boostasset.seesaa.net/archives/20070611-1.html

人形ミッド.jpg

 
『上質な生活を日常的に送る人』というコンセプトが、今の景況感にそぐわないのか、
冷やかしで店を見て回る人影さえ少なく、
さらに、高級腕時計店や高級紳士服店、和食器などの、店のつくり、
店員の「冷やかしで入ってくるんじゃねぇぞ〜。」の雰囲気が、
いっそう顧客を寄せ付けない店舗にしています。 

食事を取ったのは、アメリカンカジュアルレストランのUnion Square Tokyoで、
「ニューヨークで最も予約の取れない」レストランというふれこみで、
某グループがフランチャイズ契約し、日本に上陸させた店。 

残念ながら、席も半分ほどしか埋まっておらず、当然予約は当日に取れた。
 

売り物のホスピタリティあふれるサービスは、常連客と従業員がただ、
だべっているようで、正直、心地いいものじゃなかった。 

NY
の本家、ユニオン・スクエア・カフェのオーナー、ダニー・マイヤー氏の
著書「おもてなしの天才」によると、 

おもてなしの天才.jpg

レストランの印象をよくするために、高級地域の住所が必要だという考えには反対だ。
(途中省略)
物件のレベルを下げても、長期間、低い賃料で経営するので、
お客様にも低価格でよりよい商品を提供できるはずだ 

といっている。
東京ミッドタウンの店が半分も席が埋まっていない理由は、彼のせいじゃなかった。 

六本木ヒルズのテナントも然り、現在、弊社が関わっている今月引渡しの商業ビル然り、
テナントが埋まっておりません。
 

もう少し、賃料とそこから上がる収益がバランスするのに時間がかかりそうです。
posted by Terry at 12:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

週末の様子

土曜日は厚木にアヴェントゥーラの応援に行き、
夕方、会社に行って雑用。帰宅後、近所の公園を13km程ジョギング。 

日曜日も、早めに起きて24km程ランニング。
冷えこんでいたから、手袋をして走る。すでに冬のニオイ。
汗もかかず、12kmまでは快調。15kmを過ぎると途端に足が重くなる。
今週は調整で軽めに過ごすので、これが最後の長めのラン。 

その後、先週乗ったままの自転車を掃除して、昼食後、帰宅。
 
風呂に入って、浴槽で白洲次郎の本と雑誌数冊を読む。
その後、ソファーでうたた寝。 

夜は自転車仲間の皆さんが、「富士200完走祝い」を近所の居酒屋で開いてくれた。
自分のことのように完走を喜んでくれて、本当にうれしい。

いつも誰かに励まされ、誰かを応援し、
誰かに助けられながら、誰かのお役に立てたらと
感じ入りながら、またソファーで爆睡してしまった。 


周囲の人に恵まれているなと思う。 感謝。

posted by Terry at 08:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

関東社会人サッカー予選

★11月8日(日) 関東社会人サッカー大会1回戦
場所:厚木市荻野運動公園陸上
開始:11:00

相手:千葉教員SC
1 前半 0
0 後半 2
--------
1 合計 2
×負け

試合詳細は準備が出来次第、ブログで!

雨の中、先制するも逆転負け  本当に残念です。

今期はこれで終了、
応援してくださったサポーターの皆様、ありがとうございました。
posted by Terry at 15:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

不安定が魅力なんです

青山通り、骨壷通りが交差する近くに、
紀ノ国屋インターナショナルのビルが完成し、地下にスーパーの紀ノ国屋が
5日にオープンしました。

200811061432000.jpg

大家は地下で商売し、上はテナント。 

カーテンウォールのガラス窓と、日照権と地上権の問題からひねり出されたであろう
独特のデザインがひと際目立つ。 

お目当ての屋上庭園は、3月以降に開放とのこと。 

近所で衣料輸入を手がけるオーナーと、早速地下にあるスーパーを見学。
まず、入り口付近の果物の値段に腰を抜かす。
お刺身なども目が飛び出るお値段。 

200811061427000.jpg

確かに、チーズや缶詰めは珍しいものが多く、私の好きなイベリコ豚の燻製もあった。 


女性オーナーは、夕方のお買い得セールを狙って惣菜を購入しているとのことで、
表参道に居を構えるのも、苦労がいるものだ。 

その後、女性オーナーと別れ、はす向かいにある「Berry café」で、
これから行く顧客先の女性スタッフの為に、フルーツパイを購入。 

カフェ.jpg

見栄えがいいので、時々利用させてもらっている。
posted by Terry at 17:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

やりました!!


当選だ〜!!

 
なんと、来年の東京マラソン参加抽選の結果、
当選のメールが届きました。
 

申込者数約262,000人  当選者35,000人 (うちフルマラソン30000人)

抽選倍率7.5倍のなか
当選しました!! 

来年322日には、全面通行止めした東京を駆け巡れます。
これは、うれしい!ワクワクです。 

そういえば、まだ「初フルマラソン」を10日後に控えているのに、
これは幸先のいい結果をいただきました。

東京マラソン.jpg
posted by Terry at 13:52| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

平凡なる非凡

小室哲哉が逮捕されて、ジェットコースターのような成功と失敗の人生を
報道で詳しく知ることとなった。 

何年も長者番付に入ったり、100億円の貯金があったり、事業で70億円失敗したり、
ファーストクラスを貸しきったり、離婚慰謝料がいくらかなどなど、 

これを聞いて「なんでそこまでなっちゃうのか?」と、私以外の人もそう思ったに違いない。
 

先日、某ノンバンク社長が、「村上(ファンド)は、運があるよ。」と言った。
今回の百年に一度の金融不況が来る前に、理由がどうあれ、
彼は際限の無い事業欲、greedy raceから、強制的に引退させられてしまった。

その時点で、欲張りな彼は不満だったかもしれないが、
今も運用を続けていたら、
この世界金融不況から免れられることは無かった。
という主旨のご意見。 

それで、村上氏の「お友達」で一緒に退場したホリエモンが、
小室哲哉の人生を「栄枯盛衰、諸行無常です。」といっているのだから、
笑っちゃう。説得力あるよ! 

浮き沈み、勝ち負け、喜怒哀楽、歴史的にもそれが繰り返し、
良きにつけ悪しきにつけ、その時の状況が永遠に続くと思うことは、
錯覚であることを教えてくれている。 

ホリエモンは世間一般の小室哲哉へのコメントに対し、
「あぁだったから」「こうだったら」というのは、後からはなんとでも言える、
みたいなことをいっていて、

「踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らな損損」の私、踊な損損派です。

だそうです、躊躇せずにイケイケというご意見。

まぁ、小室は一文無しだけど、ホリエモンはまだ百億以上の資産があるから、
その辺り、差っぴいて考えないといけませんよ!! 

自暴自棄になっちゃう人が増えるから(^^
 

それにしても、 「平凡なる非凡」
平凡であることの難しさ、小市民の私としては、穏やか〜に生活したいもんです。
posted by Terry at 17:19| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

Yes,We can

オバマの米国大統領選、勝利宣言を聞いた。 

15分のスピーチは、一緒に戦った家族や選挙スタッフへの感謝と、
リーダーとして国民を鼓舞する内容だった。 

Yes, We can.」 大統領になることが決まって、「自分はこれが出来る。」ではなく、
「そう、我々は出来る。」期待と希望を国民に持たせるセリフだ。 

「自分が」ではなく「君と私の我々が」というところが、
利己的でなく利他的に聞こえて、正直、感動してしまった。 

オバマ新大統領になって、米国がどう変わり、
そして日本にどのような影響があるのかは、まだ分らない。 

日々追われて、自分にとって何が大切なのか考えている余裕さえないが、
こころざし高いオバマ演説を聴いて、
少しはそんな気持ちになりたいと思ったりした。 

(過去のオバマのブログは以下から)

http://boostasset.seesaa.net/archives/20080219-1.html

http://boostasset.seesaa.net/archives/20070223-1.html
 
posted by Terry at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

Fuji Challenge 200

目標だったロードレースの富士チャレンジ200時間内に
完走いたしました\(~o~) 

富士ピット.jpg

先月F1グランプリが開催されたばかりの
富士スピードウェイ44周200kmを制限時間7時間内で走り切るもの。 

結果は「6時間13分」、平均速度32.1km1,000名のエントリー中280位、
最終リザルトはまだ出ていないが、昨年の完走率は56.5%。 

給水、休息などのためのピットインを一度もすることなく、完全走破いたしました。
達成感でいっぱいです!! 

年齢別、脚力別などのカテゴリ分けも無く、実業団登録者、市民レーサーが、
一斉に同じ土俵で走るこのレースは、
ロードバイクに乗りはじめたときからの、
私の目標でした。

7月にエントリーした150km前哨戦を辛うじて走った後、
これでは「富士200」は、到底ゴールできないと感じてから、
筋トレ&ランニングをこなした成果が出ました。

前回は回せなかった数段重いギアで、
勾配のある第3〜第4コーナーを「ガシガシ」回せたことが、その証明です。 

走行中、前回は一度も拝む気にならなかった富士山も見れたし、
自分で数えた44周回が不安だったので、結局一周多く走る余裕もあった。 

富士ガッツ.jpg

さらに、一緒に走ったSOさんも完走で、ダブルフィニッシュ。
 

完走したら、シャンパンかけしようと用意したけど、機会を失っちゃったので、
あらためてヤリましょう。 

富士山.jpg

秋の2大イベントの初戦を無事勝利いたしました。
これで、2週間後の「初フルマラソン」完走に向けて、
もうひとつがんばります!!
posted by Terry at 08:46| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

眠れませんでした。

昨夜は、取引先のアポがドタキャンになり、契約寸前までいった案件が白紙に......。
悪いことが起きる時は続くようで、会社での営業会議も「まいったな〜。」

20時には帰宅したが、食事も食べる気もせず、
そのままジムで、エアロバイクに跨り「シコシコ」ペダルを回し、その後トレッドミルで30分ラン。
サウナに入って、ようやくお腹もすいてきたので、自宅でホッピーをグビグビ。

ベッドに入って、 「ルポ 貧困大国アメリカ」 著者 堤 未果 、 
「生物と無生物のあいだ」 著者 福岡伸一 2冊を読み終えても寝付かず(書評は次の機会に)。

それからベットから起き出し、明日の「富士チャレンジ200」の準備などをはじめたら、
結局、いつもの起きる時間になってしまった。

タイマーの炊飯ジャーが炊き上がった音声を上げたので、
朝食をとってこれから出社いたします。(@_@)
posted by Terry at 06:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。