2009年07月31日

思考中....。

今日で7月が終わり。

「作業効率の向上」   「労働分配率」   「売上高総利益」

などの単語が頭を駆け巡っています。 

屋久島09.07 139.jpg

( ↑ 屋久島 永田いなか浜海岸 この日の夜にはアオウミガメの産卵を目撃!!) 


屋久島09.07 148.jpg

こなしても、こなしても減らない「TO DO LIST」の数。

また、泳ぎたい......。 一湊海岸 ↑

明日は7時からモーニング会議......。

posted by Terry at 18:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

A Full Day

A Busy Dayな過ごし方をしています。
(自分がそうしていると指摘されますが 

午前中に打合せ用の書類を作成確認し、13時から茅場町で打合せ、
16時から不動産の契約、
(中央区銀座6丁目に、テラヤマの東京支店を開設することにしました。)
17時から身内の術後の様子を伺いに虎の門病院に、
18時半から、西川口である会合に出席。 

そして、次のトライアスロンレースを物色しておりましたが、
昨夜、エントリー用紙に必要事項を記入いたしました。
「サンライズイワタ2009 in 竜洋大会」


竜洋トライアスロン.jpg


920日に静岡県磐田市で開催のSwim2.0kmBike70kmRun20km
ミドルクラスの距離です。

ついでに、ロング(S3.8、B155、R42.2)もキックオフしてしまいます。
来年4月の宮古島トライアスロンの出場を目指します。
選考が厳しいそうなので、実際スタートラインに立てるかわかりませんが、
とりあえず、目標を設定しました。 

これで、あっという間にその日を迎えてしまうでしょう。
毎日が「A  Full Day」になること間違いなし。
posted by Terry at 09:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスリートへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

峠のロングライド

昨日は暑かったですね。
早朝5時出発集合で、定峰峠往復176kmのツーリングに行ってきました。 

7時に途中のコンビニで給水していると、某氏からケイタイが鳴る。 

某氏: 「いまドコ? ○×の件決まりそうなので、いまから△△に来れない?」
 私:  「今、都幾川村で、無理です。」
某氏: 「ト・キ・ガ・ワ・ムラ……?」 

だいたい、日曜日の朝7時に携帯を鳴らして、出るだけでも良しとしてほしいところ、
「直ぐに来い。」は無いでしょう。(笑)
まぁ、諦めてもらいましたけど 

峠入口からの延々とした14kmの登りはきつかったな。
峠を下ってからも、11時過ぎからの暑さにはもっと参りました。 

トラの練習のため、先頭で皆を引っ張るつもりでスタートしたのに、
足の踏み込みが続かず、もうすぐ六十になろうとするオヤジに引っ張られ、
一日中、オヤジの小さいケツを見せられる破目に。(ぐやじい。) 

原因は分かっています。もちろん私の脚力が弱いことと、
前夜、0時近くまで飲んで、目覚めたのが3時半。
睡眠時間が少ないのと、軽い二日酔いでした。 

それでも峠のロングライドは、いいトレーニングになります。
やりたくないけど、やらなきゃいけないロード練習です。 

15時には川口の自転車屋に到着し、
話題の7-11のオリジナルビール(350ml)を、オヤジは3缶、私は4缶、一気飲み。 

帰宅してから、氷入りの水風呂に入って、
20時から、Sトー夫妻と食事&飲み。 

汗かいて、飲んで、充実した日曜日でした。
posted by Terry at 11:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

ねんきん定期便

先月が誕生日だったので、「ねんきん定期便」という書類が届いた。
今年からの制度のようで、私の年金見込額が記載されていた。 

正直、「こんなものか。」という印象。
もともと年金を貰えないだろうと当てにしていないのと、
現時点では、自活する体力や気力が衰えていないので、
年金について興味が薄い。 

その上、制度がくるくる変わるので、
新聞やその他の媒体でも理解しようとせずに読み飛ばしていた。 

そういえば、米国のGMが米国版民事再生を選択したのは、
生産能力やそれまでのバランスシート上の問題よりも、
黙って出ていく莫大なレガシーコスト(企業が支払う年金や保険などの負担)を
法的措置で「チャラ」に出来るからだというのが、一番らしい。 

日本でも、野村證券が特定社員制度というのを導入し、
一部の社員の企業年金を清算(廃止)させたようだし、 

現金不足で、またまた政府保証付きの融資を懇願している日本航空は、
現役社員、OBの年金支給を半分にしてくれという改定案を出している。 

年金というのは、長い年月をかけて将来の保証をつけるものなのに、
「チャラ」にされない保証を担保されないなら、当てになんかできません。 

またさらに、国や会社が当てにならんからと、
企業年金を導入しないで個人型の401kを勧められた人は、
概ね計画通りにはなっていないだろう(大損している)。 

だから、年金制度もあてにならないし、
個人の運用もそう簡単にうまくいかないとすれば、
定年など関係なく、お迎えが来るまで働ける健康を保たないとな。 

麻生さんの「安心社会実現選挙」というのは、的を得てるのだけど、
わかっている割には、なんで出来なかったんだ?

ここのところの自民党総裁は、どれも年金が必要な人じゃないものな。
posted by Terry at 17:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リタイア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

読みごたえがありました

3連休とはいえ、土曜日は昼過ぎまで仕事。昨日はマラソン。
しかし、この連休で読みかけの連載を読み終える。 

ひとつは、山崎豊子の「運命の人」14
実際に起こった事件や事故をもとに、執筆した作品は、
どれほどの量と時間を執筆の準備にかけているのか。 

他の著書でも、その後の金融統合を暗示していたかのような「華麗なる一族」
現在の日本航空の凋落を予感させる「沈まぬ太陽」
などなど、「運命の人」の主人公と同じ、新聞記者あがりで、
実は彼女自身が、権力の中枢と接点があるのではと疑うリアリティがある。  


もうひとつは、村上春樹の「1Q84」BOOK12
発売方法、その後の売れ行きから、世間の評価はさまざま。
発売後2ヶ月温め、その間、本人を見かけて、著者をイメージして読んでみました。

「サラ〜」とした透明感のある文体と、
トライアスロンのゴールでうなだれる彼の姿とは、重なりませんが、
人生のスパイスとして、走ってる、感じているのだろうなと

海外から評価されるのは、この文体が英訳しても伝わるからで、
実際、思考は英語で構成されているのかも。  


最後は、西木正明の「ウェルカムトゥパールハーバー」上下2
これも500ページを超える大作で、読み終えたら朝だった。
彼は対戦前後の話題を多く取り上げて、疎い近代史にも興味が沸く。

歴史小説は、99%の事実と1%の脚色が大切だと感じる内容。

今月はじめに鑑賞した劇団四季の「異国の丘」は、
彼の「夢顔さんによろしく」を原作にした作品。 

私の父親もシベリヤに抑留されたが、詳しく話を聞いたことがない。
私達は過去から学ばねばならないが、
当事者たちは事実を語りたがらないものだろう。
posted by Terry at 06:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

小布施マラソン09

昨年に引続き、小布マラソン」でハーフを走ってきました。 

今回は、弊社のN(40)が初マラソンデビュー。
N君は柔道強豪校出身の柔道3段。 



1年半前まで117kgあった体重を、食事制限と運動で78kg39kg減)にまで成功。
仕事ぶりと同じ、芯のある心優しき男。 

私が1年前にランニングを薦めてから、毎日欠かさず走り、
この半年は毎月300km走っていた。(私の倍の距離。) 

小布施という自然と素晴らしい街並みを、ゆっくりと走るこのイベントは、
初マラソンにうってつけ。(昨年のブログは以下から)http://boostasset.seesaa.net/archives/20080721-1.html 

N
君がいつも走っている河川敷と違い、アップダウンに苦しめられたようですが、
ゴールではいい顔していました。 

先日の新潟・村上といい、今回といい、
複数名で利用する1千数百円の高速代は、負担の軽さを実感しました。
夜到着で、当日は走り終え昼前には小布施を出発し、渋滞にも巻き込まれませんでした。

N
君、運転ありがとう。 また、完走おめでとう!! お疲れさん。
posted by Terry at 17:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

自然を模写して

屋久杉までの途中の川。 

屋久島09.07 038.jpg


「月のうち35日雨が降る」と形容される屋久島だが、
幸か不幸か晴天続きで、普段なら水量の多さに驚く川にも水か少ない。 

平安時代に書かれた「作庭記」には、 

国々の名所をおもひめぐらして、おもしろき所々を、わがものになして、

と、庭作りの重要さを説いている。 

石と流れ、それに苔生す樹木、サクラツツジの花。 


屋久島09.07 039.jpg


庭作りのアイディアは、自然の中にある。  




「トローキの滝」  滝が直接、海に流れ込む珍しい滝だそうだ。 

屋久島09.07 008.jpg
posted by Terry at 08:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

日本百名山

かれこれ10年近く通う、近所の中華料理屋で昼食。
愛想のいい奥さんとは対照的に、
目も合わせず口数の少ない料理人のオヤジがいる。

 昨日もレバニラ定食を注文し、奥さんに先週、宮之浦岳を登ったことを報告。
(屋久島、1936m、九州地方最高峰の百名山のひとつ)
「これから日本百名山目指そうかな?」といった矢先。 

既に百名山を制覇し二百・三百名山を目指しているオヤジが、
厨房から飛び出してきて、
数冊のガイドブックを片手に山登り蘊蓄をはじめた。 

見たことのない能弁なオヤジに驚く、
レバニラをさっさと喰いたかったが、その熱弁に開いた口が塞がらなかった。


誰でも興味のあることは、他人に話したいものだとつくづく思う。
人とのコミュニケーションのはじまりは、相手の話を聞くこと。 

ついつい自分の素姓を説明したくて、自慢話をはじめちゃう人もいますけど 


北海道の大雪山の思い出も語っていました。
昨日、大雪山で2件の遭難事故が発生し複数の死者が出た模様。
こちらはウダル暑さですが、山は残雪が残っていて危険が多いですね。 


日帰り可能な、百名山は約60あるそうですから、
この辺りから、登ってみるのもいいかもしれません。




屋久島09.07 108.jpg
posted by Terry at 09:43| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

煽られないように

日曜日の都議会選挙から、自民党惨敗でゴタゴタを見せられています。 

石原慎太郎都知事は、麻生自民党のせいにしているようだけど、
新銀行東京の経営問題や、築地移転、さらには東京オリンピック招致が、
都民から評価されていなかった結果だと思うのです。

個人的には、東京オリンピック開催は期待しているのですが、
議会が反知事の民主党では、
IOCが東京に決断することは、99%無いだろう。 

それより毎日、TV、新聞のマスコミは、
自民党の勢力争いのゴタゴタを報道していますが、
だれが麻生総理の首を取るかなんてどうでもいいことなんです。 

実際、民主党の政権政策はどうなのか、自民党の景気対策はどうだったのか、
わかりやすく報道することのほうが、重要なのに。 

前回の「郵政解散」は、バカのひとつ覚えのように報道し、
日本がいい方向に進むには郵政民営化をすること、
という間違った印象を与えた。 

大衆を煽るデマゴーグよろしく、
もうちょっと同一方向の論調を変えて、マスコミの役割を果たしてくれないか。 

「とりあえず政権交代」の流れだけど、
期待が過大すぎると、民主党政権になってみてがっかりするから、
今のうちに、キチンと商品説明しておいて欲しい。
posted by Terry at 10:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

偶然が面白い

屋久島の「ウィルソン株」。


屋久島09.07 055.jpg
 

屋久杉の切り株で、切り株の内部から撮った一枚。 

♡ハート型に見えます?

自然の偶然にしちゃあ、洒落てるでしょ。 


この杉は豊臣秀吉が大阪城建築の為に、切らせたという屋久杉とのこと。

切り株内側は20人ぐらいが入れる、空洞になっている。
周囲は14m近くあった。
posted by Terry at 18:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

艱難辛苦を乗り越えて

今日は特に蒸し暑さを感じますね。 

社会人1年生の頃、営業周りで外出先から帰ると、
ワイシャツの襟が真っ赤。
安物のネクタイの色が落ちるほど汗をかきながら、
営業先を訪問していました。 

営業テクニックも世間も知らない頃でしたが、
汗だくの姿を評価してくれて、
当時、大阪の社長さん達が顧客になってくれました。 

その頃は、ひた向きさや愚直さを世間が評価してくれて、
その間に、我々もノウハウや経験を積むことが出来ました。
要するに、社会が人を育ててくれたということ。 

それが今は、世間や会社にその余裕がなく、
経営者は四半期の業績に追われ、社員に効率的な成果を求める。
非正規雇用で、景気の好不況を乗り切り、
長期的な視点や余裕が無くなっている。 

職人の世界や、宗教僧の修行のように、
単純な作業の長い年月のつみ重ねの上に、ようやく習得できることもある。 

いずれそれを会得できると信じられたり、
いつかあんなふうに成りたいと、夢を持てなきゃ、 

こんな暑さも耐えられない。
 

昔を思い出して、仕事もトレーニングも愚直になってやってみよう。

必ず成果があると信じなきゃな。
posted by Terry at 18:14| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

樹齢7200年

屋久島09.07 075.jpg


屋久島から昨夜戻ってきました。
 

多様な植生と自然の荘厳さに声を失いました。
ここも間違いなく「パワースポット」のひとつです。

詳細は次の機会に。



屋久島09.07 060.jpg
posted by Terry at 09:37| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

CYCRING FESTIVAL in Oyama

今日は、お世話になっているサイクリングショップの仲間達と、
富士スピードウェイにて、ロードレースに参加。 

芸能人も自転車ブームなのか、近藤真彦さんもエントリーしていた。
おそらく、カーレース仲間の片山右京に誘われたのだろう。
一緒に参加していたが、マッチのキャリアは浅い感じ。 

(片山右京についての過去のブログは以下から。)
http://boostasset.seesaa.net/archives/20080520-1.html 

富士SWも3回目のレースで、今回は仲間の応援が中心。
 

明日から出張もあるし、疲れが残らない程度に。
何せ山歩きをしなければならないので 

仲間の応援で十分楽しめました。
そんな訳で、写真のアップはなし。
posted by Terry at 19:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

会議の進行

今日は、ジムが終了する間際に入館。

ラン5.5km30分。スイム500m15分。
ストレッチ、入浴含め滞在1時間ジャスト。

仕事で揉め事もあり、その後の夕食付きの会議もあってイライラ。

数週間後の某大会の進行についての打ちあわせだが、
垂れ幕の位置だの、飲みのもの段取りだりなど、どうでもいいことを会議だと言って、
いちいち出席者の了承など取らないで欲しい。

そんなこと担当者に、一任すればいいじゃないか!!

その行事の趣旨はそんなことではない。

それぞれ、時間をやり繰りして参加しているのだから、、
事前にその会議の資料なり、主旨を頭に入れて集まってきて欲しい。

年配者や声のデカイ人が、どうでもいいことの話の流れをつくるなら、
若手で声の小さい新参者は、そういう方々の暇つぶしに付き合っていられない。

というわけで、ジムでイライラを解消してまいりました。

posted by Terry at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

脳ミソも汗かかんとな〜

「お〜い、みんな〜!みずでっぽうであそぼうぜ〜」
↑さっぱり売れない 

「ばあちゃ〜ん!たったの105円で孫が喜ぶよ〜。子供が好きな水でっぽう」
バカ売れ 

店先の店頭販促(POP)広告で、同じ水でっぽうの売れ方が全然変わった。 

当然、水でっぽうを使うのは子供だが、買うのがお年寄りであると、
対象を変えてみる、発想を変えてみるという気づき。 

人は他人に喜んでもらうことが、しばしば自分もことよりうれしい。
買う人と消費する人が異なることは、
特別なプレゼントでなくてもよくあることだ。 

視点を変えると「購買動機」が生まれる。
物が売れない時に、発想のみで工夫できること、私も考えよう。 

私が日本一の小売コンサルタントだと思っている小阪裕司の、
話が記事になっていたので、ご紹介しました。

(小阪裕司氏の過去のブログは以下から)
http://boostasset.seesaa.net/archives/20080618-1.html
posted by Terry at 18:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

278円

今日の夕刊は「4年ぶりの『下落』」と
日銀短観の「景況感2年半ぶりに『改善』」の記事。 

在庫調整がすすんだことと、政府の経済対策が効果を上げたみたいだ。 

スーパーのジャスコが278弁当の販売をはじめた。
消費者はありがたいが、この値段で利益なんて出るのだろうか? 

仮にジャスコが利益を上げられたとしても、
そこに食材を卸す業者や、生産農家は利益が上がるのだろうか? 

そこで関係する業者で働いている社員や労働者は、
キチンと生計が成り立つのだろうか? 

個人の利益が全体の利益につながらない。

どうも違う方向に進んでいるような気がする。
どこかで、思考を変えないといけないと思う。 


(合成の誤謬についてのブログは以下から)
http://boostasset.seesaa.net/archives/20081212-1.html
posted by Terry at 19:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。