2010年09月30日

五感を使おう

中国の漁船領海侵犯や体当たり事故についての政府の対応に、
最近「イライラすることばかりだ!」と、切り出すある方の挨拶を聞いた。 

私も、中国の反応や日本政府の対応ぶりを見るに付け、イライラしたので、
23TVも新聞も見る気がしなかった。 

確かに、イライラや不安を感じることが最近他にも多いが、
この苦しさも、トレーニングの一環で、
いずれ私自身が強くなるのだと、思うようにしてみた。

そうすると、皆苦しんでいるのだろうと思って、ムキにならない。 

そこで、先週読んだ本。


考えない練習.jpg


『考えない練習』  著者 小池龍之介

サブタイトルは、
「頭で考えずに、もっと五感を使おう。すると、イライラや不安が消えていく--- 

なんでも思惑通りには行かないし、考えすぎて混乱することが多いので、
五感を大切に、思考を自分で操ろうという内容。 

「降伏できる人が、周囲の鍵を握る」というのが、腑に落ちましたね。
結果を求める余りに、我を通してしまう。 良くあることです。 

著書の一文一文に考えさせられますが、もう少し自分自身、理解が足らないようです。
posted by Terry at 17:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

村上トライアスロンの選手たち

今回の村上トライアスロンには、朝スイムの(通称ハセケン)コーチと、
ロータリークラブで同じメンバーのHさんと同乗し現地に向かいました。

『村上』は、来月東京・お台場で開催される日本選手権の出場権獲得や、
オリンピック選手が調整目的の為など、多くのエリート選手が出場しました。 

ハセケンコーチは、オリンピック選手と同じ「エリート部門」で出場。
日本選手権出場は既に決定しているが、
好位置のスイムスタート場所を選択するために、何が何でもベスト10狙い。 


村上トラ’10 003.jpg


そして、出場最高齢77歳のHさんが完走したら、
表彰式で特別賞をと、本気で大会実行委員に直談判するつもりでいた。 


村上トラ’10 027.jpg


結果は、ハセケン17位。(日本選手権も応援に行くよ!)
Hさんは、33345で制限時間にわずか345秒足らず。
しかし来年も、『村上』を含め3〜4レースに出るからとリベンジに意欲満々。 

参加者は、それぞれいろいろな夢や目標を持って参加しています。 

また、レース中は気が付きませんでしたが、
ノーベル文学賞候補の村上春樹さんも、今年も走っていました。 
『村上』も出場78回目で、余程お気に入りのレースですね。

村上トラ’10 052.jpg

他には、ライブドアの株をフジテレビから買ったイケメン社長も出場してました。
選手説明会の途中で、取り巻きとサッサと引き上げて、ここでも多忙なんですかねぇ。

まぁ、近しい人、そうでない人、いろいろ参加していまして、
自分以外のレース展開も興味深い大会でした。
posted by Terry at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスリートへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

村上トライアスロン 2010

1年前にトライアスロンデビューした「村上国際トライアスロン」に
今年も参加してきました。
Swim1.5km,Bike40km,Run10kmのオリンピックサイズです。 

結果は239で、昨年の303から24分短縮しました。
スイムが34分(39分)、バイクが113126)、ランが49分(57分)です。 

スイムスタートは海中に浮かびながらのフローティングスタートで、
「ふっと」、昨年、過呼吸で溺れそうになったのを思い出して、
スタート後、しばし「あっぷ、あっぷ」しながら、全選手の最後尾から泳ぐ。 

台風の影響で潮の流れがきつく、
あれだけ朝スイムに通ったのに「ダメだぁ〜」と凹みながら、何とか泳ぎきる。 

村上トラ’10 037.jpg

私の目論みでは、スイムは278分を目指していたのに
1年間の成果が24分の短縮だとすれば、変化率は悪くないが、
「もっといけた。」と思うと、悔しいし、またスイムで過呼吸が出てしまった。 

トライアスロン4戦して、過呼吸で息が吐けなかったのが3戦。
結局、過呼吸にならなかった宮古島は奇蹟だったのか? 

村上トラ’10 045.jpg


それでも、レース中は「生きてる!」って実感が体中から溢れだしてきて、
本当に楽しめた。 

これで今年のトライアスロンは終了。
メインレースはやはり、ロングの宮古島トライアスロンかアイアンマンジャパン。
今年よりも11秒でも、来年の成績が上回れるように。 

レースが終了し疲れた身体で、渋滞が多い400kmの帰りの車の運転は堪えるし、
『村上』はオリンピックサイズだけど、それでも来年、エントリーしているだろうな。

村上トラ’10 055.jpg
                                         @ALL COPY BY KAORU
posted by Terry at 20:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスリートへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

外は強い雨

今日は、起きて直ぐに10kmjog。  その後、雨が強くなってきた。
気になったのは、腰じゃなくて、左足が疼くこと。
昨年の今頃、足底筋膜炎をやった時と同じ兆候。イヤな予感。 

朝食後、日曜日の村上トライアスロンに向けて出発の準備。


村上国際トライアスロン09 001.jpg

自転車のメンテナンスをして、レース用のホイールに交換し、
そしてブレーキシューも交換し、スペアータイアがどこにあるか探すのに戸惑って、 

次はパッキング、ヘルメット、サイクリングシューズ、ウェットスーツ、ゴーグル、サングラス
トライアスロンウェア、
ランニングシューズ、ワセリン、ボトル、補給食、ゼッケンベルトなどなど

一応、レース用持ち物の備忘録を作ってありますが、
トライアスロンは3種あるだけに荷物が多いこと。 

そういえば、昨年の6月に村上でトラデビューした時は、
口から胃が飛び出そうなくらい緊張してた。 

そして、作家の村上春樹さんもエントリーしていました。
今年も、会えたらなんて声を掛けようかな? 

昨年の様子は以下から
http://boostasset.seesaa.net/archives/20090629-1.html
posted by Terry at 14:16| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスリートへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

水上&軽井沢ロードトレ

連休は、軽井沢〜草津をロードトレーニング。
Tちゃん、I くんの若手に峠を千切られ、引きずり回され、
翌日起きられそうに無かったので、一泊早く切り上げて帰宅。 
あぁ〜、疲れた。


IMG_0021.jpg


その前は、群馬県水上でダムサイトをロードトレして、
ラフティングやキャニオニングもして、利根川を下ったり、滑ったりして、満喫。

BBQも楽しかったし、雑魚寝も酔ってしまえば問題なし。

 
水上 001.jpg


水上は仕事で、何度も来ているが、山路というロッジの、「山菜ほうとう鍋」は美味いんだよなぁ〜。


水上 006.jpg


次の日曜日は、いよいよ「村上国際トライアスロン」。
何とかバイク連も出来たかな? ギックリ腰でランは心配だけど 


当日は、朝スイムのHコーチと、77歳のKさんの運転手兼選手ですが、

二人の活躍を見られると思うと楽しみだな。
posted by Terry at 23:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

何が食べたいかなぁ?

先月の中国旅行で、連日、激辛や脂っぽい大盛りの中華料理を食べ続けて
さすがに
辟易していた時に、一緒に行った友人の医師が、 
「これで死ぬとしたら、最後に何が食べたい?」と聞く。 

そこで彼が食べたいといったのが『トウモロコシ』

本当に大好物らしいが、胆石持ちで実はたくさん食べられないらしく、
もしかすると、病気を気にせず死ぬほど食べたいのかも 

そこで彼がわざわざ、この時期に青森県から取り寄せしているという
朝摘みのトウモロコシを送ってくれた。


とうもろこし.jpg


朝取ったものがクール便で送られてきたので、
早速、まずは生で「ガブリっ」、 ジューシーで超甘くて、プレミアムなお味です。
もちろん茹でても最高でした。 本当に、ご馳走さまでした。 

そこで、私の「最後の晩餐」は、ご飯と海苔、朝食の献立と返事しましたので、
丸山海苔佐賀のをお返しに送っておきました。  


PS.みんな美味いものを食っている時は、いい顔するよな。
posted by Terry at 19:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

国民性だな

I phoneを使いこなせれば、いずれはI padをと目論んでいる。

昨夜、ローラー台でバイク錬しながら、YouTubuで見つけたCM。



 

電子書籍リーダー I padのライバル 、アマゾンのKindleが挑発的に消費者に訴えています。

このCM、キンドルがアイパッドより日差しの強い太陽の下でも見やすく、

価格が安いことを強調したコマーシャルです。


男性がプールサイドの日差しの下で、

電子書籍(アイパッド?)の文字を読みにくそうにしているところに、

キンドルで読書をしている女性に話しかける。

Male:「この明るさで読みにくくありませんか?」


Female:
「私のはキンドルなの、139ドルよ。実はこのサングラスの方が高かったの。」


リゾートで綺麗な設定ですが、アメリカらしく単純で、

挑発的なCMだと思いませんか?


ちょっと笑えるけど、こういうのは日本的じゃないですよね。

国民性が出てるなぁと、思う訳です。



それにしても、どちらの電子書籍リーダーも日本語の書籍が少なくて、

ちょっと普及に時間がかかりそうですが、

日本語の電子書籍が増えるのを待つより、英語をマスターした方が、

やっぱり手っ取り早いですよね。 世界も広がるだろうし。



やりたいこと、やらなきゃいけないこと、いっぱいあるなぁ、 しかし
posted by Terry at 16:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

twitterでtwitしてみる

iphone.jpg


Iphone4を購入して、3週間。 

ようやく、便利に使いこなせるようになりました。 

通話は今までどおり、ドコモの携帯を使っていますが、
メールのやり取りやwebだけでなく、充実したアプリをもっと使いこなせると、
更に手放せなくなる感じです。 

ただ、もうちょっと軽くして欲しいのと、
衝撃に弱いそうなので、防塵、防水にしてくれないかな。 

スティーブ・ジョブスにtwitしてみよう。

http://boostasset.seesaa.net/archives/20100528-1.html
posted by Terry at 21:08| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

菅さんは大丈夫なのか?

菅さんに民主党代表が決まり、引続き日本の舵取りは変わらなかったが、
「経済や為替に疎い」と評価され、すぐさま急速に円高になって慌てたとおもったら、
遅ればせながら本日午前、野田財務大臣が「為替介入」を行ったと発表。 

当然、円を売って米ドルを買った訳だが、
この出所は外国為替特別会計というちょっとヤバい国の財布から出ています。

そして、米ドルを現金で持っていてもしょうがないので、運用は米国債です。 

その残高は120兆円ぐらいあります。(裏を取っていませんが、殆ど米国債です。)
平成22年度の一般会計が92兆円、そのうち日本国債の元利払いに21兆円。 

それと比較すれば、米国債の保有残が過剰に多いのが分かりますし、
くどくど説明しなくても、米国の通貨政策や財政政策が,
日本の将来を左右することになってしまっていることは、明白です。 

強かな中国は、米国国債の保有を米国との外交交渉の切り札にしています。 

G7がいつの間にかG20になって、ITなどの情報技術の発展により、
グローバル化はドンドン進みましたが、国が頼りなければ、
生業も生活も自分自身で守って行かなくちゃいけないと、
昨日今日の民主党と為替を見ていて、意を強くしました。
posted by Terry at 12:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

属国の事実

日本の財政状況が最悪の中で、なぜ米国国債を売れないのか疑問を持っているうちに、
愕然とさせられる著書に出会った。 

米国債残高についての過去のブログは以下から
http://boostasset.seesaa.net/archives/20100818-1.html   

41PAYXHZPDL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg


『拒否できない日本』 〜アメリカの日本改造が進んでいる〜  著者 関岡英之 


私にも大きく影響する建築基準法の改正や、公正取引委委員会の規制強化、
身近にある商法改正など、全てはアメリカ政府が、
自国の企業の利益のため要求してきたもので、
米国の公文書には、外交の成果を自慢するように率直に明記されているほど。

なぜそこまで米国に都合のいい社会に、日本が変わらせられているかを知らされる、
とんでもない事実が書かれている。
 

余りにも興味深い作者なので、彼の他の著書を引続き読み漁り中。
posted by Terry at 22:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

試行錯誤しながら

朝スイムで、Fコーチに「腰が反っていますから、腹圧をかけて」 と指導されるも、
すぐに「まだ腰が反っています」と重ねて指導される。

 I コーチには、ストリームラインを維持しようとすると腰(お尻の上)が反ってしまうので、
腕を下げるようにアドバイスされたが、
こちらは肩甲骨の柔軟性に関係があるようだ。 

時々、故障するのも、私の身体に柔軟性が無いことが、最も影響していると思う。
(子供の頃から、身体の固さには自信があった) 

ランでも速く走れない原因が、どうも重心のバランスが悪いからだと疑っている。
速く走れる人のフォームは、上体が動かず、
左右の足の入れ替えや、キックする時にも前後に上体がブレない。

これは、股関節の柔軟性と傾きが影響している。 

サッカーやバスケットで、バランスを取りながら瞬間的に切り替え出来るのは、
身体の重心が傾かないからで、主にどんなトレーニングをやっているか調べると、
SAQとかラダートレーニングというものを、行っているところが多い。 

現状と原因が分かれば、改善方法が見つかるので、

それを実行して結果が出ると、仕事も趣味も楽しく感じる。


PS. 今年の夏に幾度か通った都内の区民プール↓

ATC&リバーサイド 002.jpg

泳ぎながら、スカイツリーが伸びるのを見るのが楽しかった。
今から、来年のオープンが待ち遠しい。

posted by Terry at 22:32| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | トライアスリートへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

人前で話す時の心得

またある集まりで、環境ついて話をしろということで、
Y大先輩の有無をも言わさぬ命令に、「はい」か「YES」で応えた。 

しかし、植木屋として関わったネタを、常に幾つか用意してある。
(実は植木屋は修景、いわゆる自然の模造であり、趣向の部類で、植林や環境復元はまた違った分野なのだが、現在はこちらの方に力を入れている。) 

で、この手の環境についての話は大上段になりがちで、
話していて私本人はけっこう居心地が悪い。 

「儲かりまっせ〜。」「これやったら、ムチャクチャオモロイ。」という話の方が、
基本的には聞いている側も食いつきがいい。
 

それなので、海を泳いだり、山を登ったり、趣味のトライアスロンから感じた
今ある自然の良さを伝えたほうが、聞く側が興味を持ってくれるし、
私が感じたことをリアルに伝えやすい。 

共感を得られた時は、話して良かったと思う。
そうでなかった時は、何が悪かったのか悩んで落ち込む。 

特にトライアスロンネタは、やっているだけで、
自慢話に取られかねないので、十分気をつけなければいけない。 

最近、トライアスロンがTV番組で取り上げられ、
「あんな人が、あんな辛いことを。」をみたいな意図で演出するので、
よろしくない。 

もちろん、多少トレーニングはしなきゃ駄目ですが、『鉄人』じゃなくても、

完走できて、十分楽しめるスポーツですからね。 

 

そういって、現在、トラ仲間を増やしてます。(^_^)

posted by Terry at 22:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

大阪と新潟から励まされ

週末は法事で大阪に行っていました。 

日曜日は、新潟県で佐渡国際トライアスロンがあり、
酷暑の中、練習仲間がたくさん参加していました。 

その中で経営者としても尊敬するNさんが、76歳の最高齢で完走。 

Nさんと3週間後の「村上国際トライアスロン」に参加できることを、
今からワクワクしています。 

法事で久しぶりに会った義理の祖母も、94歳で食欲旺盛でしたので、
何か、自分が励まされた週末でした。

posted by Terry at 08:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスリートへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。