2008年07月08日

Publicとは

やっとこさっとこ、昨日日経平均が小幅ながら反発しました。
そんななか、不動産流動化のベンチャーアーバンコーポレーション」の、
筆頭株主の比率が低下しました。
 

房園社長が個人の財テク資金の為に、
金融機関に差入れられていた株式の評価が下がったことから、
担保権の行使のため強制売却され、
社長の持ち株は3739万株(16.6%)から907万株(4.03%)になり、
これにより同社の10%を超える主要株主はいなくなりました。
さらに12.6%の浮動株が増えるという事態です。
当然、買収対象の企業になる可能性を否定できません。
 

予想売却金額は56億円。
個人的な金融商品、不動産、ベンチャー投資の使途目的だそうです。
金融機関から個人の連帯保証をとられる、中小企業のオーナーならいざ知らず、
上場企業の社長としては、有るまじき行為でした。

同じようなケースが中古厨房機器販売の「ンポスバスターズ」でもありました。

 
Initial Public Offering(IPO)、Going Publicいずれも新規株式公開や上場の意味ですが、
このPublicという言葉のとおり、私企業でないことを肝に銘じて欲しいものです。


posted by Terry at 09:51| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
後悔してます。
自分はスタミナにはナポレオンが愛したシャンベルタン赤を持ち込みます。白をお願いです。ホルモン盛り合わせ超ご期待!!デジカメ忘れずに。涙のミスジ!!
Posted by メル君 at 2008年07月09日 07:38
今日は待ちに待った「スタミナ苑」!!
シャルドネの白を冷やしたまま持っていきます。
明日のブログネタは、ホルモン盛りとミスジで決まりですな。
Posted by 寺山樹生 at 2008年07月09日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。