2008年09月18日

リーマンがショック。

「ヤツはリーマンだから。」と聞いた時、
リーマンブラザーズに勤務なのか?サラリーマンなのか?
ちょっとイントネーションが違うはずなので、聞き分けよう。
今日は最初から、余談です。m(__)m

マスコミは声だかに、
リーマンがFRBに見捨てられ、AIGは米国政府に助けられたことを取上げますが、
情実で政策をしているわけではないので、損得、合理性が働いての判断です。 

米国政府やFRB、はたまた米大手金融機関のアナリストなどなど、
昨年末から、「これでサブプライム問題の山は越えた、これで金融不安は無い。」
と何度コメントを出したことか。 

日本のバブル崩壊の時の金融再編、公的資金投入の方法を十分検討して、
FRBは対策をうっているが、対策は後手後手になる。 

当然、彼らは今の事態の深刻さを知っているけど、
「アメリカがぶっ飛んじゃうぐらい大変だから、もっと税金投入させてください。
国民の皆様、どうかお願いします。」なんて言えない。
だから、問題が顕在化してからなので、小出しの対策に追われる。 

その一方、貪欲な投資家は、このドサクサと米政府の政策のジレンマに付け込んで、
空売りで大儲けしている。 

自動車のGMは、金融不安よりも先に6兆円の債務超過でグラグラきているし、
世界のGEは、不振の家電部門を売却して金融事業に特化したが、
米国の製造業ももっと深刻なはず。 

当然、まだまだ大手金融の再編、倒産もあるだろう。
そうすると、米国債の格付け引き下げ、暴落が起きるのだろうか。
なにかと理由をつけて、格付け引き下げはさせないのだろうか。 

もうひとつドサクサで、したたかなのが「中国」。
リーマンショックの中、6年ぶりに利下げをした。
インフレ警戒だったのが、成長維持モードへシフトチェンジ。 

やっぱり米国が終わりのはじまりで、これからは中国ですかね。イ尓好!


posted by Terry at 09:50| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サブプライムの影響がまだまだ沈静化してないことを、リーマンの倒産ががっつり証明してくれましたね。まだこれで終わりじゃないでしょう。
現在の米国、マジ景気悪いです。
Posted by kei at 2008年09月18日 12:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。