2008年10月25日

円高はチャンス

円が1ドル90円まで急騰して、トヨタなどの輸出関連株が売られ、
日経平均は7649円まで下落。 

確かに日本の経済は輸出に大きく依存しているが、
逆に食料や石油などの資源は輸入に頼っているのだから、
円高が一方的に悪いという不安を与えないほうがいいのに、
マスコミの一方通行な論調が気になる。

ドルに対して、高くなった通貨は「円」だけです。
やっぱり、日本が世界でもっとも健全な状態だと証明されたので、
ビッグチャンスじゃないですか。 

1年前のブログで、いよいよチャンス到来だとアップしたが、
まさに、その時が来た気がする。
http://boostasset.seesaa.net/archives/20070726-1.html
(ちなみにその時の米ダウ平均は14000ドル、今日は8300ドル↓)
 

オーストラリアの鉱山や、ブラジルの農地を買うのもいいし、
また、円を使ってアフリカや東南アジアに日本が得意な浄水施設なんかを、
プレゼントするのもいい。
京都議定書の二酸化炭素削減を、米国に批准させるカードに使ってもいい。 

また、日本が世界で存在感を出せるチャンスです。 

いよいよ、面白くなってきましたねぇ。


posted by Terry at 18:29| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マスコミ報道の異常さが目に付きますね・・・。
円高は、日本経済にとってプラスな筈ですが・・・。
GDPに閉める輸出関連企業の割合は、13%にしかならないと言うではありませんかねぇ・・・。
もっと、そういう観点から、メリットを報道すべきなのに・・・。
一方的で・・・。
誰かが、煽っている雰囲気ですね・・・。
Posted by へぼ株おじさん at 2008年10月25日 22:36
へぼ株おじさんのブログ拝見しました。
切り口が似ていて素敵です!
Posted by 寺山樹生 at 2008年10月27日 07:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。