2010年11月22日

流感≒流行(インフルエンザ)

お昼休みに、友人の「小児科医」のところに伺い、
インフルエンザの予防注射を打っていただく。 

これで流行に左右されない身体になったのだろうか?
しかし価値観は流行に流されがちあれも欲しい、これも欲しい(なんの話だ?) 

ついでにランチをしながら、夏に一緒に行った中国・成都のパンダのことや、
最近の政治、手持ち不動産の話など。 

帰宅しても、注射を打ったあたりに筋肉痛のような痛みが残っている。
接種後そのような症状がでるらしい。 

朝スイムまでには、腕の痛みがひくだろうか。 

明日は勤労感謝の日だが、昼過ぎに神宮前で設計会社と打合せがあるので、
その前に、朝スイム〜神宮外苑をランニングの予定。 

黄色く紅葉したイチョウ並木は、残っているかな。
posted by Terry at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

自転車からボジョレー

今週は、仕事も忙しかったが、スイム、バイク、ランいずれも、
朝、深夜にけっこう追い込めて、気分的には充実した週だった。 

今日は、SさんのNew Bike Cervelo S3」と追い風の中Ave40kmで走り切れて、
さらに葛西の「ちばき屋」で海老ワンタン塩ラーメンを頂く。 


__.jpg


毎年のイベントのボジョレーの解禁が木曜日にあったが、
今年は早々にパスのつもりだった。 

そうすると、「ボジョレーヴィラーージュGOLD」なんていう
気分もリッチになる金のボトルのボジョレーを頂いて、
気分も上昇です。 


そば 010.jpg

Sさん、今日はありがと。
posted by Terry at 17:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

Lost for the first seen

↑なんとなくクリスタル・ケイの曲にそんな歌詞があったような気がする。 

別に英訳する意味はまったく無いが、「居なくなって初めて分かる〜」で、
弊社の管理職が闘病中だとか、別の社員がある事情で休んでいるとか、 

弊社の規模では、目一杯それぞれが業務に励んでいるので、
一人の欠員でもあると、急に忙しなくなって、
その社員の働き度が、居なくなってみて良く解ったりする。

一昨日から妻が発熱し、寝込んでいるのだが、
部屋のどこに何があるのか、すっかり分からない。 

一人暮らしの経験もあるので、不便は無いはずだが、
些細なことで、妻を起こすわけにもいかず、
実は家のことをほとんど知らなかったのだと、知ることとなった。 

調子がいいように聞こえるかもしれないが、
不便を感じて、まわりの人のありがたみを感じる訳です。 

誰だって、周囲の人から、
居ても居なくても、どちらでもいいなんて存在じゃ無く、
一人でも多くの人に、当てにされたり、期待されたり、頼られたりしてこそ、

頑張る気持が出てくるものだ。

ということで、皆さんはやく元気になって活躍して下さい。
私は皆さんにたくさん期待してます。


posted by Terry at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

パープラチアットは最高なんだな

京都・城之崎へ旅行に行った知人から、松葉ガニが届いた。


門人ガ二 008.jpg


以前私がブログでアップしたのを覚えてくれてたそうで、
(そのブログはhttp://boostasset.seesaa.net/article/110891868.html

今までブログを書いていて、いろいろな反応があったが、一番ウレチイ。 

この松葉ガニも、門人港で水揚げされた証しの緑色のタグを付けて、
パープラチアットをつけたムエタイ選手のよう。 


門人ガ二 010.jpg


蟹が届くと聞いて、連想するのは「熱燗」
早速、日本酒のエノテカこと、春山酒店に立ち寄り、
松葉ガニの産地に近い福井県の「早瀬浦 純米」が相性バツグンとのことで、
ヤリましたよ。 

やっぱカニ味噌、最高〜!!
と、飲んじゃったよねぇ。  


門人ガ二 012.jpg


駄目だ、明日の朝スイムはサボりだな….
posted by Terry at 23:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

急に寒気が

女子バレーの銅メダルにも感動したけど、
アジア大会でトライアスロンの男女が、それぞれ「金」「銀」を取ったのが、
もっと嬉しかったのに、翌日の新聞の扱いの小さいこと。

やっぱマイナーなスポーツなんだな 

趣味のうちは楽しいけど、プロは大変だね。
でも懸けるものが見つかって、体中で人生を味わっているのだろうな。  


外はずいぶん寒かった。明日は師走なみの寒さだとか。 
気のせいかも知れないが、寒気がするので葛根湯を飲んで、
早く家に帰って休もう。 

葛根湯.jpg


ブログ書いている場合じゃないな。
posted by Terry at 21:10| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

バイク錬と紅葉狩り

健康診断の結果が出てきて、
肝機能は飲酒のせいか基準値を少し上回り、
中性脂肪は高くないのに、総コレステロールは高めとのこと。

体脂肪率はおそらく15%前後だから、たいして心配していない。
しかし食生活や飲酒を控えるのは、宮古島トラを見据え、
年明けから始めて行くつもり。

New BikeのCervelo P4をなかなか乗る機会が少なく残念だが、
ようやく今日、90km程を走りながらポジション調整出来た。

昨日はあらゆる道路で、自転車乗りが集団で走っていて、その数に驚くばかり。
その中でP4の注目度というか、目立ち度はかなり高く、
エンジンはポンコツなのだが、何とも言えない優越感を感じる。 

幕張であったサイクルモードでは、このP4の試乗が2時間待ちだったとか。

帰りがけに、新座市の平林寺に立ち寄り、紅葉狩り。

平林寺2.jpg


流石に境内林が天然記念物に指定されているだけあって立派で、
この一帯は武蔵野の赴きの残る場所。

平林寺4.jpg


RUNは自転車に乗る前に7〜8km、終わってから12km。合計約20km。
2週間後にフルマラソンを走るので、通常なら調整に入るところだが、
メインレースは来年4月なので、調整無しで自力をつけることを優先して。
posted by Terry at 21:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

食事は自分のペースで

ある同業の社長に「紹介したい店とオヤジ」がいるのでと誘われて、
「軍鶏料理」の店に行ってきました。 

軍鶏.jpg


この店主自ら軍鶏を飼っており、味には絶対の自信を持っている。
この日は焼きで味わったが、確かに他の鳥より肉に旨味を感じた。 

軍鶏は闘鶏でも人気があるが、
気性が激しく、気が短い人を形容する時に使われる。 

この店主、我々が席に着くや否や
「今日は美味いところを出すから、食べて他へ行きましょう。」と言う。
もう店仕舞いしてしまうというのである。
 

気が短すぎる、まさに軍鶏だった。  商売っ気ゼロ 

この不景気に、珍しい店主がいるものだと思いながら、
なぜかその店主のおごりで2軒、3軒とお付合いして来ました。 

何とも落ち着かない夜でした。
posted by Terry at 17:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

義憤

=道義に外れたこと、不公正なことに対するいきどおり。 

中国漁船衝突映像を、ユーチューブに投稿した海上保安庁の航海士は、
義憤」に駆られて、国民にその事実を知らせようとしたとのこと。 

何か、日本も新たな感情が生まれ始めているのかなと。
そして私と同年代の航海士が、それを行動に移した感情が理解できる。 

海上保安庁は国家公務員だから、当然クーデターな訳だが、
226事件を想像させる。 

最近知り合いになった防衛省の防衛技官に、近々会うことになっているから、
国防と愛国心について聞いてみよう。 

愛国心なんて無かったはずだが、中国の尖閣諸島に限らず、
韓国との竹島問題、ロシアの北方領土問題が続いて、
憤りを感じることが増えています。
posted by Terry at 17:46| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

リフティング生活

今年の『文化の日』も、まったく文化的で無く、
アスリートな一日で、むしろ『体育的な日』であった。 

5時起床して、朝スイムで3300m泳ぎ、
帰宅して朝食後、New Bikeの「cervelo P4」の調整を兼ねて60km
洗車後、近くを7kmちょっとRUN 

宮古島トライアスロンの秘密兵器とは、このNew Bikeのことなのだが、
ブログでのお披露目はもう少し後で。 

軽めのimpressionでも、これはスゴイの一言で詳しくは改めて。 

実はスイムの後、弊社の管理職が前夜から緊急入院したことを知り、
病院へ駆けつけたのだが、今後、大事にならないことを祈るばかりだ。 

日々、サッカーのリフティングをしているような生活だが、
ボールを落とさぬように、集中力を維持しなければと感じている。 

何につけても、常に適切な判断が出来るように、
疲れを残さない程度の運動と、翌日に残さない適度な酒量を守って、
イーブンペースで毎日を過ごそうと思う。
posted by Terry at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

お疲れの今月も終わり

忙しさが続いて、ブログを更新できませんでしたが、
アクセス数があまり減っていないのを見ますと、
「このブログをクリックしてくださる方」が沢山いるのだなと、反省しております。

明日の日曜日はお正月以来のゴルフの予定でしたが、台風のためキャンセル。
明日は、ジムのランニングマシーンで走ります。
どうもインドアだと飽きてしまって、10km走るのが精一杯です。

来年の宮古島トライアスロンに向けての『秘密兵器』が、ようやく届きました。
このブログでのお披露目は、当分先ですが、
それを眺めているだけで、「水割り5杯」はいけそうです。  
ついつい笑みがこぼれる...


月、火曜日の出張、寒いから風邪を引かないように準備して出かけよう。
場所は某スキー場、ダウンを着込むか。

もう11月、今年もあと2ヶ月か... 何もかも押し気味の状況です。  ヤバイ
posted by Terry at 20:02| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

美味しい景観づくり

ここはどこでしょう?↓   


銀座ミツバチプロジェクト 009.jpg


銀座のど真ん中の、とあるビル屋上です。
(ブルガリやシャネルのビルが見えるでしょ。)

今月の初めに、銀座で養蜂を行なっている方を尋ねてきました。 


銀座ミツバチプロジェクト 010.jpg


もちろん蜂蜜を採るだけが目的じゃありません。
蜂が銀座周辺の花を咲かせ、銀座のスイーツになり、銀座のママが緑を増やし、
銀座の紳士淑女が蜂蜜入りのハイボールを飲んで自然を語る。 

そこで、終わると思ったら田舎や海外からも人が集まって来て、
地域間交流や国際交流にまで広がってしまっている。 

銀座ミツバチプロジェクト 

木を植えること、緑を増やすこと、街やビルの価値を高めることが私の生業です。 

「うちの建物の屋上で蜂を飼ってみようかな?」と口走って紹介されましたが、
ちょっと面白そうなこと聞いちゃったという感じです。 

この思想というか活動、かなり練られていて大人には面白いです。 

お会いする前に、その方の著書を読んで行きました。↓

銀座ミツバチ.jpg


蜂蜜単体では販売していない、貴重な「銀座のハチミツ」をおみあげに頂きました。
posted by Terry at 20:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

日本トライアスロン選手権東京港大会

日曜日にお台場で行なわれたトライアスロンの日本選手権に行ってきました。 

028.jpg

スイムは3周回、バイクが8周回、ランが4周回で、
トップにラップ(周回遅れで追いつかれる)されると、その場で競技終了。 

029.jpg


完走できたのは男子が58人の出場選手中37人、女子が48人中25人。  


036.jpg

参加選手は日本のトップ選手ですが、男女ともオリンピック選手とそうでない人の力の差が
大きく開いていました。 

レースを観戦している側は「あぁ〜、追いつかれた」とゲーム性があって
面白いのですが、
オリンピック選手が「豹」や「チーター」なら、
それ以外は必死に逃げる「ウサギ」に見えて、
「早く逃げろ〜」って感じ。
 

041.jpg

今回の大会はオリンピックサイズといわれる3種目で距離が51.5km
アイアンマンや宮古島のロングは3種目で200km以上ですから、
同じトライアスロンでも、競技としては別のものだなと改めて感じました。 

009.jpg

それにしても、選手たちは物凄く奇麗で機能的な「身体」でしたね。 
ボディビルなんかで膨らませて使い物にならない筋肉じゃなくて、
泳いで、漕いで、走ることに必然性のある筋肉。  躍動してました。 


023.jpg

今回の写真はJTUのHPから勝手に拝借しました。 躍動感を伝えるためにね。
posted by Terry at 20:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスリートへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

10月16日土曜日

今日も暑くて、日差しが強かったです。 
早朝20km程走りましたが、日焼けが増した感じです。

会社では、準備しなければいけない仕事が山積みで、
仕事をシェアしたいと思ったら、土曜日出勤の皆さんもお忙しくて 

夜は、友人の内輪の披露宴に行きます。
(ここのところ、冠婚葬祭立て続けてます。)

明日は、お台場でトライアスロンの日本選手権の応援の予定です。

帰ってきてから、仕事しますか?

ブログネタも、結構たまっているのですが、
取り急ぎ、近況報告のみで。
posted by Terry at 16:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

今年もダメか...

今日は2011年の東京マラソンの抽選日で、
残念ながら『落選』のメールが来ました。 

弊社の社員を含めると私の周辺は10人以上全滅です。 

倍率は9.2倍とのことですが、実際は当選確実の人がいるようで
都知事に付け届けをするのを、うっかり忘れちゃったんだよな。(笑 

まぁ、私のメインレースは来年424日の「宮古島トライアスロン」だから、
ここで運を残しておきたいので、良しとしよう。 


昨年も同じこと書いてたな、確か
http://boostasset.seesaa.net/archives/20091014-1.html
posted by Terry at 20:23| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

ジムには行けず

取引先の子息の披露宴は盛り上がり、3時間40分の長丁場になってしまって、
ついつい飲み過ぎてしまいました。

yaha披露宴.jpg

自宅に帰って「アイアンマンワールドチャンピオンシップ」のリザルトを見ると、
スイムの3.8kmが51分、180kmのバイクが4時間30分、その後のランが2時間40分台と
上位のトップ選手のランが驚異的で、タメ息が出そうでした。

日本人選手も検討しましたが、西内選手の50位が最高かな?
今年も日本人選手でバイク5時間切りは居なくて、バイクで力の差が歴然ですね。

もう一つ、「長谷川恒男カップ」を走った義理の弟は『19時間54分』で完走しました。
10日の13:00にスタートして、夜通し走って今朝8:54にゴールしたそうです。
「良くやったなぁ〜」と心から誉めてあげたいです。
明日、ちゃんと会社に行けるのかな?
posted by Terry at 21:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事・その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶好の運動日和です

アルパインスタイルの登山家・竹内洋岳さんの著書によると、
「脳が不安や恐怖心を感じると、最も酸素を消費する」とのこと。

 『初代 竹内洋岳に聞く』  聞き書き塩野米松 


『初代 竹内洋岳に聞く』.jpg


消費カロリーについても、脳がブドウ糖だけを消費し、
筋肉の消費カロリーに対して、脳はその半分を消費するとか。


と、前置きが長くなったが、先週はイベントの準備だとか、
ある助成金の申請書の締切りだとか、それ以外に打合せが継続的に続き、
当然、日常の業務もあり、斑尾の50kmより疲労感が強い状態だった。 

斑尾の後は、太ももが2割増しでパンパンに腫れた感覚だったが、
先週は、頭が3割増しで肥大していたような気になった。 

土曜の夜は帰宅して、走りたくなったので、
雨の中を1km430400で、8本インターバルをやって食事。 

昨日は、川沿いを30kmほどjog。雨が上がったら暑いぐらいだった。
ちょっと足首に違和感があったかな? 最後は歩いて、トボトボと。 

昨日は、ハワイ島コナでアイアンマンワールドチャンピオンシップ開かれていたし、
日本の山岳耐久レースで一番キツイ谷川恒男カップ」に、
義理の弟が走っていて、
その気になれる一日だったんですが。
 

体育の日の今日は、取引先の子息の結婚式。
出社している社員からのSOSが無ければ、
披露宴でのアルコールを程ほどにして、夜はジムで泳ごうかな。
posted by Terry at 09:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

斑尾山岳マラソン

Madarao Forest Trails  50km」に出場してきました。
山岳マラソンのはずが、7時間40分の「普通の登山」になってしまいましたが 

まずは、プロトレイルランナーでプロデューサーの石川弘樹氏と↓

斑尾フォレストトレイル2010 024.jpg

顔が小さいっ!(右) 顔がデカイっ!(左) 
イケ面トレイルランナーだから、女性のランナーが増える訳だわナ。 

まぁ、いずれ“大”顔ブームがくることを信じよう。 

当日は秋晴れで、トレイルコースも湖の畔や、ブナの森を走りながら、
野尻湖や周囲の山々を見渡せるだけでなく、しっかり走れる平地も多くて、
石川Pの冠レースらしい最高のトレイルでした。 

斑尾フォレストトレイル2010 055.jpg

素晴らしい自然の中を走る訳ですから、自然の保護を考えると、
人気大会とはいえ参加者人数 5百人は妥当でしょうね。 

斑尾山頂から見る野尻湖↓

斑尾フォレストトレイル2010 046.jpg 

途中に足元から、ヘビ(アオダイショウ)が飛び出して来て驚いたなぁ。 

しばらくして、私の先を走る人が「痛って〜!」と叫ぶと、
辺りには4〜5匹の地バチが飛んでいる。
刺されたランナーが、用意のいいことにポイズンリムーバーなんていう
「注射器みたいな毒抜き」をリュックに入れていて、
本人に使い方を教わり、私が急きょ毒抜き治療。
(ちょっと休んで、レースに復帰されたみたい。) 

いよいよ残りは“熊”が出れば、「ビンゴっ!」かなと、
けっこう期待しながら、走っていました。 

景色と動物以外は、レースについて話すことがありませんが、
ゴールした時は、50km走って「ヤッター」という達成感より、

自然と動物の棲みかを駆けずり回って、お騒がせしたことと、
山岳マラソンに参加するにあたり、調整と自分の走力を見誤ったことに、
『失礼しましたぁ〜、また出直して来ますぅ。』って、気持ちでしたね。

posted by Terry at 21:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

今年も斎戒沐浴して待つ

早いもので、もう10月。
今日からいよいよ来年424日に開催される「宮古島トライアスロン」の
エントリーが始まった。 

大会概要は昨年と変わらないものの、今年も抽選による選考で出場の可否が決まる。

初出場の今年より、実績があることで出場の確率は高まっているが、
クリスマス頃に届く出場可否の通知までは、ハラハラ、ドキドキの気分が続く。 

今年は、山走りを増やしてバイク後のラン強化を目指している。
明後日の日曜日は、斑尾山岳マラソンの50kmを走る。
傘マークが付いたが、心拍に負荷を掛けた走りをしたい。 

このところのストレスを発散し、自分の気持ちに負けない走りが出来るか。 

とにかくクリスマスまでに走り込みを増やし、持久力とスピードupを図る。 

バイクは既に秘密兵器を準備中だ。
スイムは先日の村上で自信を失ったが、合理的なフォームを習得したい。 

2度目の宮古島出場権獲得を信じて、へなちょこアスリートなりに、やりまっせぇ〜。


宮古島トライアスロン2010 055.jpg
posted by Terry at 21:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスリートへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

五感を使おう

中国の漁船領海侵犯や体当たり事故についての政府の対応に、
最近「イライラすることばかりだ!」と、切り出すある方の挨拶を聞いた。 

私も、中国の反応や日本政府の対応ぶりを見るに付け、イライラしたので、
23TVも新聞も見る気がしなかった。 

確かに、イライラや不安を感じることが最近他にも多いが、
この苦しさも、トレーニングの一環で、
いずれ私自身が強くなるのだと、思うようにしてみた。

そうすると、皆苦しんでいるのだろうと思って、ムキにならない。 

そこで、先週読んだ本。


考えない練習.jpg


『考えない練習』  著者 小池龍之介

サブタイトルは、
「頭で考えずに、もっと五感を使おう。すると、イライラや不安が消えていく--- 

なんでも思惑通りには行かないし、考えすぎて混乱することが多いので、
五感を大切に、思考を自分で操ろうという内容。 

「降伏できる人が、周囲の鍵を握る」というのが、腑に落ちましたね。
結果を求める余りに、我を通してしまう。 良くあることです。 

著書の一文一文に考えさせられますが、もう少し自分自身、理解が足らないようです。
posted by Terry at 17:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 本の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

村上トライアスロンの選手たち

今回の村上トライアスロンには、朝スイムの(通称ハセケン)コーチと、
ロータリークラブで同じメンバーのHさんと同乗し現地に向かいました。

『村上』は、来月東京・お台場で開催される日本選手権の出場権獲得や、
オリンピック選手が調整目的の為など、多くのエリート選手が出場しました。 

ハセケンコーチは、オリンピック選手と同じ「エリート部門」で出場。
日本選手権出場は既に決定しているが、
好位置のスイムスタート場所を選択するために、何が何でもベスト10狙い。 


村上トラ’10 003.jpg


そして、出場最高齢77歳のHさんが完走したら、
表彰式で特別賞をと、本気で大会実行委員に直談判するつもりでいた。 


村上トラ’10 027.jpg


結果は、ハセケン17位。(日本選手権も応援に行くよ!)
Hさんは、33345で制限時間にわずか345秒足らず。
しかし来年も、『村上』を含め3〜4レースに出るからとリベンジに意欲満々。 

参加者は、それぞれいろいろな夢や目標を持って参加しています。 

また、レース中は気が付きませんでしたが、
ノーベル文学賞候補の村上春樹さんも、今年も走っていました。 
『村上』も出場78回目で、余程お気に入りのレースですね。

村上トラ’10 052.jpg

他には、ライブドアの株をフジテレビから買ったイケメン社長も出場してました。
選手説明会の途中で、取り巻きとサッサと引き上げて、ここでも多忙なんですかねぇ。

まぁ、近しい人、そうでない人、いろいろ参加していまして、
自分以外のレース展開も興味深い大会でした。
posted by Terry at 22:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トライアスリートへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。